2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

セラピー犬 小雪

今日は、おじいちゃんとおばあちゃんが

家に来て、木を刈ってくれたの!

私は、おじいちゃんがいつも遊んでくれるので、

木を刈っている間、じっと静かに待っていました。

Koyuki_200711_f04

おばあちゃんからも”おりこうさんだね!”と

褒められちょっとだけうれしくなりました。

Koyuki_200711_f07

じっと待っていた甲斐があり、公園に遊びに行く。

おじいちゃんは、何年ぶりか?一緒に走り、

おばあちゃんも最近ひざが痛いと言っていたのに、

一緒に公園へ散歩しています。

2人とも普通に、”公園へ行こうよ!”誘っても

絶対にいかない2人だったのに、私が誘うと

すぐに来てくれるのは何故???

以上、小雪からのお言葉でした。

セラピー犬とよく世間では騒がれているが、

犬の癒し効果はかなり高いと思う。

 私も散歩が無理な時でも、小雪を連れてドライブを

する事がある。

Koyuki_200711_f08

近くの牧場に行き、小雪と”ぼー!”と、風景を眺めて

いるだけで風景と小雪に癒される。

Koyuki_200711_f09

小雪も、こんな時は静かにぼーと風景?馬?を眺めている

両親も私も”小雪”に、癒されている感じだ。

人間関係も愛犬が間に入ると不思議にうまくいく。

我が家は、既に小雪を中心に回っているのだ。

そう言えば、先週の日曜日公園で散歩していると、

対向から来たおでこに新しい傷を付けた子供が、

”犬がいると怖い!”と、おにいちゃんに抱きついた。

小雪を抱きかかえ、子供に恐怖心を抱かせないように

過ぎ去ろうとしたが、子供は、小雪を見て”かわいい!”

と言っていた。

何でも、午前中に、近くの野良犬に噛まれたらしい。

でも、噛まれたすぐ後に小雪を見て”かわいい!”と

言わせるのは、セラピー犬の資格が十分にある。

 お姉さんも小さいとき犬に噛まれ、

犬=恐怖だったのが、小雪を見るとかわいいと言う。

これからも、周りを癒してくれるセラピー犬 小雪

に感謝する。

2007年11月29日 (木)

小雪の為に何ができるだろう?

小雪は、なぜか?おねだりする時は、プレーリードック

の様に立ち上がる。

Koyuki_200711_e09

ビーグルは背骨が弱いのであまり立ち上がって欲しくない。

すぐに”伏せ!”と指示を出し、その時は伏せるが、

その内また、ポーズを変えて立ち上がる。

Koyuki_200711_e08

 ポチたまの松本君より教えてもらった愛犬と

過ごした日々を歌った ”ジーン!”とくる歌です。

一度聞いて見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=hDZyMOY6KrM

今日は、1日その歌を聞いて、小雪を抱っこしていました。

今日は、体調もすぐれないので、家でのんびりしたかった

のですが、この歌を聴いたら、熱があったのに、

公園に行って、小雪を元気いっぱい遊ばしてやりました。

この歌を聴くと、どんなに熱が出ようと、愛犬と一緒に

”たくさんの思い出をいっぱい作るよう” に 

散歩に出ようと思う歌です。

Koyuki_200711_e10

小雪の真剣な眼差しを見ているとセンチな気持ちになった

1日であった。

2007年11月28日 (水)

犬の睡眠

小雪は、今日は天気も悪いので、家で鍋犬になっていた。

Koyuki_200711_e13

すやすや寝ており、今日はおとなしくていい。

Koyuki_200711_e16

カメラの電源を入れると、眼だけこっちを見る。

でも、散歩ではないと判るとまた眼がトロンとする。

Koyuki_200711_e17

午後、他の場所でもオネムさん。

Koyuki_200711_e38

犬は、一日20時間寝ると言われている。

小雪も、私たちが居る時でも構ってもらえない時

はいつもほとんど寝ている。

寝たくなると、お尻を一部だけ押し付け、バックスタイルで

”ねーねー、もう寝たいの?一緒に寝ない?”と

誘いをかけることもあるが、大抵無視するので、

1人で布団の上で昼寝をするのであった。

2007年11月27日 (火)

リーダーウォーク

散歩の訓練で初歩的なリーダーウォークがあります。

訓練中に、自分の愛犬がきちんと主人を見ているか?

また、どんな速さでも一緒に走ってくれるか?が肝心です

Koyuki_200711_e28

ビーグルの場合は、なかなか難しく、小雪も散歩の

初めはなかなかうまく出来ません。

鼻を地面につけながらも、一緒に歩いてくれるだけで

今は、”良し!”としています。

Koyuki_200711_e32

小雪は、めったに出来ませんが、走ってもビッシーと

リーダーウォークが出来ることがあります。

こんな時は、”ビーグルで良かった!”と 思うのですが、

小雪は、そんな期待は一瞬だけで、すぐに他の遊びに

誘います。

臭いがあると、立ち止まって不審な臭いに関心が向きます

Koyuki_200711_e29

でも、こんな時でもそのままほおっておいて、

ずんずん歩いて行くと、必死になって走ってきます。

Koyuki_200711_e31

あまりに臭いに夢中な時に、”お座り!”で落ち着かせても

やっぱり臭いの方向が気になるみたいです。

訓練所に遊びに行くとたまに、

”リーダーウォークを実演して見せてやって下さい”と

声を掛けられるときがある。

こちらは、訓練ではなく、遊びに行っているだけ。

他の初心者の訓練風景を安易な気持ちで見ている

だけですが、”いきなり訓練の模範を見せて下さい。”

と言われると、ちょっとどきどきしてしまう。

“なんだ!訓練に何回も来てもそんなもんか?”と

思われると、自分が不甲斐なく訓練士もこんな教え子を

持ってかわいそう。

 いつも訓練の指示とタイミングを忘れず家でも

実践せねば!と この瞬間だけ思っているが、家に

帰ると半分くらい忘れて、小雪を可愛がってしまう。

 訓練士の自宅の犬は、訓練していない人も多いと

聞いているので、我が家も訓練ではなく、

”楽しく小雪と過ごせればいいかな?”と 思っています。

2007年11月26日 (月)

体全体で散歩への主張

ちょっとお聞きしてもいいですか?

なぜ今日は、お出かけは、まだなんですか?

私の事をもっとかまって下さい。

Koyuki_200711_e01

小雪は、いきなりコタツの中から出てきて主張する。

Koyuki_200711_e02

それでも無視すると、元気がなくなる。

Koyuki_200711_e03

小雪ちょっと待っててね?と声をかけると期待に胸膨らませる

Koyuki_200711_e06

それからしばらくしてもまだ、勉強していると、立ち上がって

”ちょっと。ちょっと、ちょっと!お前さん。

その態度ひどくはありませんか?

私が他へもらわれてもいいのですか?”と 

言わんばかりに体全体で主張する。

Koyuki_200711_e26

散歩を勝ち取った小雪は、得意満面で散歩へ行くのであった。

2007年11月25日 (日)

ビーグルの狩猟本能

今日は、山と森に行って狩猟本能を試しに行った。

どれくらい山を早く登り、目的の臭いを当てるか?

Koyuki_200711_e02

斜面は、何のためらいもなく、駆け上がる。

Koyuki_200711_e01

小雪は、小さい時から斜面や山を走っていたので、

何回やっても、平気で駆け上る。

Koyuki_200711_e04

次は、臭い探し。

ビーグルは、尻尾の白いのをハンターが見つけ居場所を

探すそうだが、確かにシッポの白は目立つ。

写真では解り難いが、シッポが揺れていればもっと

見やすい。でも、今日は、いろいろな場所に遊びに行って、

おやつがなくなったので、臭い探しはあまり出来なかった。

今日は、呼び戻しを重点的に行う事とする。

Koyuki_200711_e07

どんなに遠くに居ても呼び戻しが出来ること!が条件。

離れた場所から、”小雪”と呼ぶと急いで走ってくる。

Koyuki_200711_e06

やっぱりビーグルは、走る姿が私は好きだ。

Koyuki_200711_e08

斜面を登って来ても、平然とし、次は何して遊ぶ?と

疲れを知らない。

ビーグルは死ぬまで走るので、飼い主が、愛犬の体力を

考えながら走らせないと大変な事になります。

でも、大抵、”小雪疲れたか?水でも飲みな!”と

水を与えるが、”水飲み=帰り”と 憶えたのか?飲まない。

しばらくして一緒に走るこちらの身が持たず、今日は終了。

森の中でも疾走できるのは、やっぱり狩猟本能を持って

生まれたからであり、親としては、能力を伸ばしてやりたい

と今日改めて思ってしまった。

 小雪との散歩?(マラソン?)は、冬でもいつでも

いい汗をかき、大変いい運動になる。

家に帰る時、小雪は熟睡していたので、

”今日は、熟睡するだろう!” と 思っていたが、

家では、引張りっこや人形噛み付きの遊びを誘い、

人形を咥えて、下目使いで何回も足元に座り直す。

やっぱり、小雪は、散歩?と遊びは別腹?となっており

家にへとへとに帰った後も、小雪に付き合う事となるのだ。

小雪と一緒にいると余計な事を考えず、純粋に遊び

が堪能出来る。

 やっと、夜になり、熟睡をする小雪の寝顔を見れ、

今日の一日の写真を見ながら晩酌をするのであった。

2007年11月24日 (土)

井頭公園 もみじの紅葉

午前中は、いろいろ忙しく小雪と遊んでいなかった。

小雪は、何しているかな?と覗くと何?散歩!と

期待の目でこちらを見る。

Koyuki_200711_e11

でも、パソコンの前に座ると、表情も曇る。

Koyuki_200711_e12

かわいそうになり、今日は天気も良かったので、

井頭公園に行って小雪と紅葉見物の散歩をする。

Koyuki_200711_e19 Koyuki_200711_e22

公園入り口のもみじにお出迎えされ、気分良くスタート。

サイクリングロードを避け、小雪と森の中を歩く。

Koyuki_200711_e23 池の対岸はもみじできれいだったので、早速そちらへ向かう。

Koyuki_200711_e24 もみじは、きれいに紅葉していた。

塩原では、雪の中の紅葉であったが、

井頭公園は、池の周囲の紅葉である。

Koyuki_200711_e20 紅葉も もみじがいい。先々週 終わったと思っていたが、

今年の紅葉は、タイムラグがあり、既に先々週、

散ったものもあれば、来週見所のもみじもある。

Koyuki_200711_e33 小雪は、芝の広場で私から見て、逆光の中 走っていた。

(体の輪郭が光って見えて綺麗であった。)

Koyuki_200711_e34 ここは、芝の公園も広く、グランドも広いので

小雪は大喜びであった。

(小雪は、森の中で思いっきり臭い嗅ぎが好きなだけ?)

帰りの車の中では、さすが疲れたのか?ぐっすり寝ていた。

小雪は、私のメタボ対策の一番の特効薬かもしれない。

2007年11月23日 (金)

ワンちゃんに優しい温熱器

 今日は、近くの別の公園へ散歩した。

この公園は、森が多く、梅の木や桜の木が

植えられており、広いグランドも完備されている。

Koyuki_200711_d06

遠くに放浪犬がいたが、危害を加えそうな犬では

なさそうだったので、小雪をそのまま遊ばせる。

リードを離すと、臭い嗅ぎ優先で、一回呼んでも

こなかったので、いつもの様に小雪を放置して

他の場所へ移動。

5分くらいして、”小雪!”と呼ぶと森の中から急いで

顔を出し、一目散にこちらをめがけて走ってくる。Koyuki_200711_d01

背中は、土まみれになっており、

”あーあ、今日はシャンプーデイになったね!”と

小雪を見るなり感じた。

泥が付いた背中が気持ち悪いのか?近くの芝生で背中の

泥を落とそうとローリングしたが、少々の事では泥は落ちない。

Koyuki_200711_d04

今度は、泥に芝がついて体中泥と芝にまみれた小雪。

Koyuki_200711_d03こうなった小雪は

さすがに触りたくない。

小雪は、いつもの

臭い嗅ぎに専念して

いたが、また呼んでも

こなかったので、2回目の放置

Koyuki_200711_d05

呼んでもこっちにすぐ来ない時は、一人ぼっちにさせ

一緒にいるありがたさを思い出させるのだ。

 家に帰ってくると、昨日は氷点下となり、さすがに

寒かったので、昨年壊れたファンヒーターを買いに行く。

 当初、ファンヒーターを消してもにおいがしないタイプが

小雪にとって一番いいかと思って説明を聞いていた。

 説明後、ファンヒーターの中で一番いいと思われる

製品の値段交渉後、

”他にどんな温熱器が一番人気があるの?”と 聞くと

”オイルヒーターが空気を汚さず、人気があるそうだ”

何?空気を汚さない?オイルヒーターって何よ?

説明では、熱で内部のオイルを暖め、部屋全体が

暖めることが出来るみたいだ。

Koyuki_200711_d07

小雪の鼻は温度センサーなので、直接 熱い物を鼻で

触る事が無いので、暖かい空気をいつも吐き出している

ファンヒーターより、ワンちゃんの体に優しい。

 昨年は、ファンヒーターをつけると必ずファンヒーター

の前に小雪が座って入り浸っており、長い間ワンちゃん

がファンヒーターの風に当たっていると、低温やけどを

するとの事。

その事を知ってから小雪が座ると、寒いのにファン

ヒーターを止め、連続運転が出来なかった。  

なので、我が家は、時代に逆行して石油ストーブを

買って、小雪が前に座ってもやけどせずに

年を越せたのだ。

今年は、石油ストーブ/オイルヒーター/コタツ/

エアコンとそれぞれの場所に設定されたので、

”小雪はどの場所が一番長くいるか?”によって、

来年その機器を買い足そうと思っている。

物言わぬワンちゃんの一番長くいる場所が

人間にとっても一番快適な製品だからだ。

我が家は、いつも小雪が製品のチェックを行って

製品の良し悪し基準が小雪品質となっている。

2007年11月22日 (木)

指示とほめるタイミング

小雪と母と一緒に公園へ遊びに行く。

母は、小雪が来る前はそんなに犬が好きで無かったが

小雪が来て愛くるしい姿を見てから大好きになったそうで

今では、,家でもワンちゃんを飼いたいそうだ。

Koyuki_200711_c01

20mのリードを初めて扱うので、リードが絡まる。

やっぱりロングリードはコツがいるのだ。Koyuki_200711_c02

少し遊ぶと だんだんロングリードの要領をつかんできた。

でもリードを噛む事が遊び道具と勘違いしている小雪と

一緒にはうまく遊べない。

リード以外に他のタオルとか興味を引くものを持って

いかないと、リードしか噛めないのでどうしても絡まるのだ。

Koyuki_200711_c03

こんな時は、小雪は寄ってきて、もっと遊んでよ!と

元気な私の方に近寄ってくる。

Koyuki_200711_c04

それでも遊んでくれない時はいつもの眼力で、

遊びに誘うのである。

ほんと元気なビーグルである。

体力のある人向きとはよく言ったものだ。

遊びと食べ物をもらう時の集中力はたいしたものだ。

使い方を間違えるととんでもない方向へ向かうが、性格良く育てるとこれ以上の愛犬はないと思う。

すべての飼い主が共通で思うことは、自分の愛犬が一番

また、愛犬をいつもほめていると愛犬も言うことを聞いて

くれるようになるから不思議だ。

でも、これは、訓練士から、

”ほめるタイミングが大切でタイミングを間違えても

指示にならない”と言われていた。

 初めは、訓練士のいじめにでもあっているかの様に

”ほら、違う!” ”ほら そこでほめて!”  ”遅い。”

”愛犬が見ていますよ!” ”見てほめてあげて!”

”ほら遅い。”繰り返される号令と指示に従わない愛犬達

訓練に来た人は。”いい年して何でこんなに怒られるの!”

と 次回から来ない人もいるそうだ。

私は訓練も終わり、一歩惹いて、他の初心者の訓練を

見ていると、何故犬が従わないのか?今では良くわかる。

訓練を終え、”自宅に帰ったら犬が言う事を聞かない。”

と訴える人の共通事項は、たいてい犬の行動を

よく観察していない人に多いと感じた。

犬の性格と人間の性格は当然違います。

違う内容をよく理解すれば、もっと愛犬の行動が

判ってきて、判れば判るほど愛犬との距離が近く

なっていきます。

という私も愛犬の事を猛勉強中。

ノーリードでの散歩が最終目標

(リードを付かないと法律で罰せられるが、、)

いつになるか判らないが、訓練は続けていきます。

(その内諦めるかもしれないが、、)

2007年11月21日 (水)

臭いの元を探る為、鼻を高く!

小雪は、臭いの元を探る為、立ち上がって

周囲の臭いを嗅ぐ。

Koyuki_200711_16

小雪と呼ぶと、やっとこっちを向いて、

”この臭いは、たいした臭いでは無いので、

もう他へ散歩しよ!”と、目で訴える。

Koyuki_200711_11

高い塀に臭いが遮断でれていると、

立ち上がって塀の向こうの臭いを嗅ぐ。

その身長では、無理だろう!と明らかに判る塀でも

必死に立ち上がって鼻を上に向け臭いを嗅ぐ。

Koyuki_200711_06

不審な臭いの時は、片足を上げ、”お前も警戒しろよ!”と、

真剣な顔でこちらに警戒を訴える。

ほんと判りやすい小雪の行動である。

でも、小雪が片足を上げて警戒している時に

野犬や放浪犬か判らないが、リード無しで

うろうろしている犬を、散歩途中見かける時もあるので、

とりあえず、小雪が警戒立ちしている時は、

野犬が襲ってこないか?私も警戒するようになってきた。

2007年11月20日 (火)

私が愛犬の為にカメラを買った理由

ちょっと昔の話です。

私は、デジカメで満足していた時代の話です。泊まったペンションで、小雪が飛ぶ姿が偶然撮れました。

Koyuki_200711_c04

このペンションから帰った時に家で映像を見た時になんて小雪はカッコいいんだ!と自画自賛しました。

写真は、ノイズだらけで見れたものではありませんが、私にすれば、愛犬の写真なら何でもいいのだ。

次にもっといいカメラが欲しくなり、新型のカメラを買って、次の旅行に備えました。

Koyuki_200711_c01

小雪の表情が良く撮れていると思っていたが、これも画質が悪い事が後から解る。やっぱり、自分の愛犬の写真は、専門家でないので、私は、姿しか見ていないので何が悪いか?解らない。

Koyuki_200711_c03

この時は。スタンダードプードルとの対面で、小雪はいつもの”私 関係ありませんから!さっさと次に行って下さい。”と 知らんぷりを決め込んだ瞬間。写真を撮るだけで満足していた時代であった。

20071103_062

今では、カメラの性能に頼りきった写真ばかりであるが愛犬の表情を少しでも良く撮ろうとするのは、みな 同じ事が言えるのでは?

公園での玉遊び

今日は、いつもの公園で小雪を連れて散歩

遠くに人がいたので、今日はリードを付けて遊ぶ

   Koyuki_200711_b03

Koyuki_200711_b04

小雪は、楽しくて!ルンルン!気分で

テニスボールを喜んで取って来る!

Koyuki_200711_b01

投げる前にスタンバイOK。

たまにフライングして走り出すので、

こんな時は意地悪して反対方向へボールを投げる。

Koyuki_200711_b02

ボールを持ってくるときは、全速力ではなく、

ちょっと手を抜いて小走りくらいの速さである。

Koyuki_200711_b05

投げるのが疲れて、芝の上に疲れて座っていると、

ボールを持ってきて、下目使いにこっちを見る。

それでも、投げないときは、ちょっとだけ要求吠え。

Koyuki_200711_b06

小雪と遊ぶのは、結構疲れる。

小雪は、遊びに夢中のときは、水も飲まない。

携帯用の水入れで小雪を呼んで飲まそうとしても、

飲んだら、帰るんでしょ?と言わんばかりに飲まず、

かわりに ボールを持ってきて体に押し付ける。

それから何回か投げていたらやっと、鬼っ子顔

(小雪が疲れた時に口のまわりにシワが出た状態の顔を言う)

になってきたので、やっと終了。

今日は、これくらい遊んでおけば、夜はぐっすり

寝るだろう?!と淡い期待をいだいて帰るが、大抵

5分もすれば小雪は復活し、遊ぼー!ねっ!アソボ。

と迫ってきるのであった。

今日も小雪で始まり小雪で終わりそうな1日であった。

2007年11月19日 (月)

好奇心旺盛

どんなところでも平気で登って行き、臭いを嗅ぐ。

今日は、散歩中土手の上に昇り、その先をチェック

Koyuki_200711_13

変な臭いがある時はいつもの警戒立ち。

Koyuki_200711_15

納得すると、また近くの臭い嗅ぎ。

地鼻と呼ばれているみたいだが、散歩中あまり

格好いい姿ではないが、これもビーグルを飼った宿命。

散歩も後半だけ小雪の目線が私を見ているので、

いつもこうあってもらいたいものだ。

でも、注意しなければいけないのが、拾い食い。

結局、小雪が他の拾い食いをしない様に、一緒に

私も下を向きながら歩いているのであった。

2007年11月18日 (日)

誘い上手

午後の日差しに いつもの場所でうっとりの小雪

Koyuki_200711_01

こんな時は、”散歩しよ!”とは誘いません。

しかし、しばらくすると起き上がり、私の前で散歩の誘い

Koyuki_200711_02

こんな姿でじっと見つめられると、

散歩をしないわけにはいきません。

休日は、貯まったビデオでもゆっくり見たかったが、

重い腰を上げ、散歩に繰り出す。

Koyuki_200711_03

我が家は、幸いにして家から3分も歩けば空き地がある。

Koyuki_200711_07

そこから、また5分も歩けば、2つ目の牧場があり。

(反対方向に20分くらい歩くとまた別の牧場もある)

引っ越して来た時は、こんな自然に恵まれた環境に

自分が住んでいるとは思っていなかったが、

小雪と散歩しているといろいろな場所を発見する。

散歩中は季節季節のいろいろな移り変わりが判り、

小さかった時、森を駆け巡った事を思い出す。

今は、小雪と森の中に入り、足の裏から落ち葉の

感触を楽しんでいる。

Koyuki_200711_08 近くの森では

杉を切ったかと

思うと、30年後

の為にまた杉の

幼木を植えていた。

この森はきちんと

管理されているので、ごみも落ちておらず、山歩きには最適。

2007年11月17日 (土)

今日は終始臭い嗅ぎ

日課の散歩で今日は臭い嗅ぎばっかり。

20071103_048 木も根元から嗅ぎ、徐々に上を嗅ぐ。

20071103_049 電柱や標識等は、必ずチェック。

20071103_050 弱いくせに必ず縄張りアピールを行う。

Pb041752 秋も深まり、街でも紅葉は終わりかけている。

これからは、寒い冬だが、コタツに入りっぱなしの

小雪は、散歩に行きたがるだろうか?

小雪は、アメリカンビーグルなので、13incと小柄。

祖先は、アメリカの何処で育ったか判らないが、

アメリカも南で育ち、実は冬に弱い犬種?と疑ってしまう。

本ではビーグルは、冬に強いとも聞いていたが、

訓練士の話によると、ビーグルは、犬種より 大抵は、

生まれた時期で決まるのでは?と言っていた。

小雪は10月生まれなので、子犬の時、寒い冬を

のりきった訳だから、もっと寒い時期に強いと思う!?

 私たちが犬を飼いだして変わった事は、

昔は、寒い時期に散歩なんてありえなかったが、

それが、今では小雪の眼差しで見つめられると、

”そっか!散歩に行こうか!”と 誘われて、

主導権を握られている感じである。

でも、朝、小雪の寝ている部屋のカーテンを開けても

眠ったままなので、本当に番犬になっているのか?

ちゃっかり食事の準備が出来たら背伸びをしながら

そちらに入れて!”と窓越しにPRする。

20071030_002 本当なら、カーテンを開けに行っても起きなかったので、

”しばらくは入れない!”とほっておくと体全体で震えだす

初めは何で震えるのか?判らず病院に連れて行ったが

これは最大限の限界で我慢をして震えているそうだ。

それが判ってからは、きちんと座って”入れて!”と

待っている時は直ぐに入れてやる事にした。

でも最近はつまみを食べている時に、こちらばかりが食べ

あまりに小雪に与えないで、じっと待っている時も

震える時もあるので困ったものだ。

近くの愛犬家からは、”何で、食事中に食べ物を上げたの?”

と非難され、我が家の甘さに指摘されたが、見つめられ

でも、かわいさについついおやつを与えるバカ親であった

2007年11月16日 (金)

ボジョレーヌーボ

午前中は公園で走りっ子。

結構走ったはずだが、こちらの休憩中も、

”もっと遊んで!”と おねだりポーズ。

Koyuki_200711_05

散歩も終わり、帰る途中に、近くのジジ君と遭遇。

Koyuki_200711_01

クリスマスまで待てず、早くもトナカイさんになっていました。

Koyuki_200711_04

近くのスーパーに行くと、ボジョレーヌーボが置かれていた。

今日が、我が家の解禁日である。

小雪は、ワインの味を知らないはずだが、

ワインを飲む時の私たちのつまみを連想して舌なめずり。

2007年11月15日 (木)

大豆の収穫

小雪の散歩途中、大豆畑の横を通る。

20071103_063

小雪は、枝豆をよく隣で食べていたが、大豆は初めて。

臭いの記憶で、大豆をシゲシゲにおい嗅ぎ。

20071103_035

大豆も、収穫時期となり、秋も深まってきたものだ。

2007年11月14日 (水)

愛犬を中心とした人の輪

今日は、天気も良かったので近くの公園に散歩。

小雪は、15mロングリードで遊ぶ。

20071103_001

小雪は、走るのが好きなのでどうしても近くの

広い公園がお気に入りとなってしまう。

我が家の近くの散歩コースには、4ヶ所大きな公園があり、

車で5分も走れば、更に大きな公園が数ヶ所ある。

田舎暮らしの特権でもあるリードなしでの遊びも

誰もいない公園ならでは出来る芸当である。

20071103_005

今日は、近くに人が居たのでリードを外せなかった。

20071103_079

その人は、遠くから近づいてきたので、何か?と

思ったが昔、ビーグルを飼っていたそうで、懐かしさから

寄って来て、いとおしむように小雪をなでていた。

しかし、何故だか?判らないが、ビーグルは、日本では

人気ランキングでは20位以下だと思ったが、意外と

今飼っているとか?昔飼っていたとか?多いので

ビーグルって人気あるのでは?と思ってしまう。

Pb041807

ビーグルの飼っている人が行動的で社交的な人が

多いのか?どこでも話しかけられる。

犬好きな人とは、おしゃべりが尽きないが、犬を

飼っていなかった時は、きっと何処へ出かけても

ブスーとした、しかめっ面で話しかけるきっかけも

無かったので旅行していても、公園に行っても

ぽつんとしていたが、今では小雪を中心として

人の輪が出来てきた。小雪のくれた贈り物だ。

2007年11月13日 (火)

牛の人形

小雪の遊び相手は過激だ。

手にはめる牛の人形を使って小雪と格闘。

20071103_007

手で散々遊んでいると小雪の爪が時々私の肌に食い込む

人形を遠くに投げて取りに行かせるが、直ぐに持って

また遊ぼうオ!とうれしそうに持ってくる。

20071028_039

牛さんも、あまりに歯で噛みまくられるので、

もう何匹目か忘れてしまった。

冥福を祈る。

2007年11月12日 (月)

臭い嗅ぎの時は放置

我が家は、臭い嗅ぎばかりしてこっちを見ない時は

たまに、木や柵にリードをくくり付け放置してそのまま

見えなくなるまで進み、隠れる事がある。

Koyuki_001

今日も臭い嗅ぎでこちらを見ないので、柵にくくり付け

どんどん歩いて放置する。

Koyuki_002_2

臭いがまだ確認できるうちは、臭い嗅ぎをやめない。

50m以上離れ臭いがしなくなったら探し始める。

Koyuki_003

こちらが見えないと、吠えて自分を主張する。

それでも、こちらから声を発しないとだんだん

泣き声に近い吠え方になる。

かわいそうなので、迎えに行き、姿を確認できたら、

こちらをじっと見る。

”何でほっといたのよ!”と 涙目で訴える。

こんな後の散歩は、横びったりに ヒールが出来る。

でもしばらくするとまた安心感からか?

におい嗅ぎを始める。

 車が来ない時は、リードを離して歩き出す事もある。

におい嗅ぎ途中でもこっちの臭いが無くなると

急いで走ってこっちへ向かってくる。

面白いのは、臭いを嗅ぎながら足跡の通りに

たどって来ることだ。

 家でも、遊び道具とかを隠して、”探せ!”と

遊んでいるが、大体こちらが通った後の通りに

臭いをたどって探し出す。

さすが、臭覚ハウンドと言われるだけある。

2007年11月11日 (日)

那須野が原公園

那須への旅行をする時、ドックランばっかり探して

折角のいい公園を散歩もせず、帰る時があります。

那須野が原公園は、犬の散歩に最適な場所で、

千本松牧場に来た時は隣の県立公園にも行く事を

お勧めいたします。

20071110_017 とにかく中が広く那須連山もここからきれいに見えます。

20071110_016 紅葉時期や桜の咲く時期はもちろん愛犬との散歩は、

車も来ない園内で安心して散歩できます。

20071110_021森の公園は、人もこないので、愛犬との遊びも楽しい。

※リードは必ず付けて遊びましょう。

20071110_020 広い芝生は絶好の遊び場。

20071110_015 小雪は、走り回って大喜び。

20071110_026_2 今年は、そんな公園に珍現象がおこる。

なんと秋の紅葉と桜が同時に見れるのだ。

20071110_027 秋に桜?

桜も、花をつけている場所とつぼみと散った場所も

あるのが秋桜の特徴?なのかな?

那須ペンション オリーブ

那須の愛犬と泊まれるオリーブに泊まってきた。

那須へは、下道で2時間とちょっとしたドライブ

で行けるので、最近お気に入りである。

 昔は、近場での宿泊は一切行った事がなかったが、

小雪が来て状況は一転。

小雪の為に、長距離の運転は控える事となる。

 ペンションには、ドックラン完備との事だったので、

早めにペンションに到着する。

20071110_005 20071110_010 

ペンションは新しく部屋も比較的広かった。

20071110_004_320071110_003 

20071110_002 20071110_004早速部屋から出れるドックランに小雪を連れて行く。

小雪は、小型犬用の小さいドックランには行かず、

目の前の広い芝生で遊ぶ。

20071110_028 広場に出しても直ぐに走らず、

初めは広場全体の臭い嗅ぎ

20071110_030 20071110_031

臭い嗅ぎ後、走り回っていると

ダックラッセルの小夏ちゃんとの対面もある。

20071110_032 一緒に遊びたいが最近足を脱臼したとの事だったので

次回元気になってどこかで遊びましょうと今回は挨拶のみ

20071110_007 20071110_008風呂は2つあり予約で時間を選べ予約が

空いているときはいつでも入れるそうだ。

食事中は、小雪はテーブルの下でフードをじっと待つ。

20071110_009 オリーブは、ドックランも部屋から出られ、

食事も美味しく快適なペンションであった。

2007年11月 8日 (木)

小雪と散歩

部屋で寝ていたの小雪から、もう散歩時間だよ!

とガラス越しに、アピールする。

20071103_006

ガラスに手を付くと怒られるが、気づいてもらえない

ときは爪で軽くガラスを叩く。

20071103_021

新しい草にはマーキング。

20071103_020

柿の木があれば、当然におい嗅ぎに行く。

20071103_018

臭い嗅ぎが終わると満足そうに戻ってくる。

20071103_032

花も臭い嗅ぎの対象。

20071103_012

本屋で本を買う。

犬はきらいに書いてあったが、リードを離す事の

出来る犬が欲しいならビーグルをやめなさい。”とか

書かれていたが、我が家の小雪は2~3回目の指示で、

戻って来るまでになったが、ノーリードは、今だ不安が残るのでどこでもノーリードとまではいかない。

他にも、笑える事が多く書かれており、半分笑えるが

半分そんなの関係ねェ!!!オッパッピ~。。。

ただ、どんなに手のかかる娘でもわが子はかわいいもの。

手が掛かれば掛かるほどいとおしくもなるものだ。

明日は、那須のペンションオリーブに泊まりに行くが、

どんなワンちゃんが待っているか?楽しみである。

2007年11月 7日 (水)

今日の獲物はカマキリ

散歩中カマキリに遭遇。

20071103_025_2小雪は、初の相手に、初めは臭い嗅ぎ

20071103_026_2 次は、いつもの鼻つん攻撃

20071103_027 相手が弱いと感じたら徹底的にかわいがり。

20071103_028_2 最後は、噛み付き攻撃。

20071103_030_2 カマキリとの戦いが終わると近くの岩に乗り、

周囲を偵察

20071103_031_2 不振な臭いがする時はじっとその方向を見つめる

ビーグルは、臭覚ハウンドなので、視力は弱いはず

なので、0.3ぐらいの視力の小雪はどれくらい

見えているのであろうか?

2007年11月 6日 (火)

靴下プル

介助犬のTVを見ていたら、介助犬はコマンドで靴下を

脱がす事が出来ていたので、小雪が出来るか試した。

初めはうまくいかなかったが、その内、

”靴下プル!”コマンドで片側だけ、調子がいい時は

両側を脱がすことが出来るようになってきた。

しかし、ここで問題が発生。

本を読む時、寝そべっていると、”靴下プル”と

言わなくても、小雪の遊び道具になってしまうのだ。

20071103_065

靴下を脱がすよ!ハイ、もっとこっちに傾けて!

20071103_066

この端を噛んで後は引っ張るだけ。

20071103_067

うまく引っ張れないよ。この足の位置が悪いんだ。

20071103_068

とりゃー!!小雪は一気に引っ張る。

20071103_074

やった、とったぞっー!

20071103_075

”ほらほら 見て見て!ちゃんと取ったでしょ!?” と、

夏はいいが、寒くなってきた時でも、遊び相手が

いない時は”靴下プル!”を行うのである。

なぜか知らないが、片足だけ引っ張ったらもう飽きて、反対側のみ寂しく履いた状態になり、また、靴下を履くと小雪は飛んできて”靴下プル”を繰り返すので、こんな時はあきらめて自分で残った片側を脱ぐ。

両側脱ぐと遊びの対象では無くなり次の遊びの対象を探しに

いくのであった。

2007年11月 5日 (月)

午前中は、日向ぼっこ

日差しの暖かい日は、部屋の中のマットの上が

小雪の定番となっている。

20071103_010

小雪は、どうせ午前中は、散歩に連れてってくれない

事を体のリズムで覚えている。

20071103_011

まったりとした日差しの中の小雪はいい顔をする。

20071103_013

前の道路に人が通るとそこは縄張りなので、警戒モード

20071103_014

知らない人だったら、ビーグル特有の大声で遠吠え。

森のコダマとも言われているのは、遠くから吠えた時で

耳元で叫ばれたら、それはもうびっくりものだ。

20071103_015

もういいよ!と言うとやっと遠吠えをやめる。

昔は、遠吠えしていた時は、

”どうして吠えるのをやめさせる事ができるか?”

分からなかったが、今では、訓練の成果か?

”吠える!””やめ!”と指示コマンドが、

少しずつ出来るようになってきた

2007年11月 4日 (日)

井頭公園での散歩

今日は天気が良いので、近くの井頭公園へ散歩に行く。

公園のサッカーグランドでは、試合をしていたが、

小雪も参戦したがって、中に入ろうとするのを止める。

Pb041800

公園には林間コースもあり小雪は地面から鼻が離れない

Pb041771

途中あまりにもにおい嗅ぎばっかで飼い主を見ないので

リードを放し小雪をほおっておいて、帰る。

Pb041819

私たちが居ないことに気づくと大急ぎでこちらに走って

くるが、ちょっとするともう、におい嗅ぎに戻る。

Pb041724

今日は、帰ってからは、小雪が嫌いなシャンプーでも

しないとひっつき草やローリングで体中が臭くなっている。

Pb041734

紅葉見物なのに、小雪は、1日中におい嗅ぎで

終わったのであった。

先週 日光近くの紅葉ももうほとんど終わったなと思って

いたら、今週は こんな近くの井頭公園まで紅葉になって

いるとは思わなかった。

2007年11月 3日 (土)

銀杏の紅葉と牛さん

近くの公園へ散歩に行くと紅葉していた。

20071103_045

小雪は、落ち葉が大好き!

20071103_037

風が吹くともっと落ち葉が舞い、それを追いかける。

20071103_038

公園では、丸めたタオルを投げると拾って来る

20071103_041

顔にリードが巻きついていようがお構いなし。

20071103_047

また、散歩の続きで落ち葉の中を歩く。

20071103_052

何だか変な臭いがするぞ!

20071103_053

あれは?いつもの牛ではないか!

20071103_054

そうです。我が家の散歩コースには牛さんがいるのですが、

小雪は牛の事はあまり好きではありません。

2007年11月 2日 (金)

愛犬の表情

ビーグル限らず愛犬の表情は、豊かだと思う。

20071030_005

食いしん坊のビーグルは、食べ物を欲しがっている時が

一番いい顔をする。

久々の山登りもおにぎりを出した瞬間、小雪の視線は

おにぎりに集中。

食べ物をもらうまで視線を外さない。

なので、山での食事は、たいてい小雪と半分個と

なってしまう。

本来おにぎりは塩味だが、小雪と一緒の時は、

塩をかけず、梅干も入れられない。

松本君のホームページで、だいすけとの旅行中に

お店では調味料を入れないスペシャルフードを

美味しそうに食べていたと書かれていたが、

実際、自分も愛犬を飼いだしてその気分が解る様になった

2007年11月 1日 (木)

ローリング行動

小雪は、臭いを見つけると早速 肩を落とす。

20071028_019_2

普段の散歩中は、肩を落とす瞬間にリードを引いて

ローリング行動を止めさせる。

20071028_021

気持ち良さそうにローリング。

20071028_027

ローリングを終えると、また先ほどの場所を特定する。

20071028_028

最後は、自分のおしっこをかけ、終了。

小雪のローリング行動は、散歩の度に行うので

臭いのひどい時は、帰ってからシャンプーを行なわないといけないので、あまりローリングさせたくはないものだ。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »