2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 行動の予想と緊急回避訓練 | トップページ | 犬の勉強 »

2007年12月12日 (水)

リードの長さの使い分け

散歩中、芝生に入ると小雪は待ちわびた様に走り始める。

Koyuki_200712_c13

リードにつながれた時はリードの長さ、ぎりぎりで走り回る。

Koyuki_200712_c12

こちらが追ってこないと尻尾を立てて睨む。

”おら、おら、おら!”声が、聞こえてきそうだ。

(女の子は、こんな声を上げないか?!)

Koyuki_200712_c15

ちょとでも、追っかけ始めると 

また、リードの長さの範囲内で全力で走り回る。

Koyuki_200712_c14

追っている時は、元気いっぱいで全力で走り回る。

Koyuki_200712_c17

この様に遊び方によって、リードの長さを替えるのがいい。

我が家は、

     訓練用の短いリード。

     散歩の時、両腕が使える2mリード。

     遊びのときの5m、10m、15mのリード

   とリードの種類がいっぱいあるのだ。

 散歩中は、短いリードで散歩し、芝生に入ると

長いリードを付け替え、遊ぶ。

 リードは、愛犬と飼い主の心と心をつなぐ大切なもの。

 きちんと指示が伝わるサイズのリードを使い分けて

楽しく愛犬と遊びましょう。

 ビーグルの場合、特に走るのが大好き。

 しかも賢いので、リードの長さが分かってきちんと

走り回ってくれる。

 普段は、呼べばきちんとヒール(左脇にお座り)が

出来る?が、散歩中は適切なサイズのリードを使っている。

« 行動の予想と緊急回避訓練 | トップページ | 犬の勉強 »

しつけ、訓練」カテゴリの記事

コメント

します! リードに会わせてギリギリの距離で 走り周りますね

2番目の写真のポーズ 遊びの誘いのポーズですね
本当に楽しそうです。

小雪ちゃん ヒールできるなんて すばらしい!

ランままさんへ
小雪は、散歩でも家でも遊びの時は、遊びの誘いのポーズを必ずします。(ビーグル犬特有なポーズなのかな??)

小雪がヒールが出来るのは、おやつが欲しいだけで行っているので、本当に指示で従っているのか?疑問です???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行動の予想と緊急回避訓練 | トップページ | 犬の勉強 »