2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« ビーグルとの遊び方 | トップページ | リードの長さの使い分け »

2007年12月11日 (火)

行動の予想と緊急回避訓練

小雪の散歩中の行動は予測不可能。

側道で歩いていても、新しい匂いを求めて

進む道が決まります。

Koyuki_200712_c18

たとえば、この道を

進むと、何処に行くか

予想付きますか?

~1)道路脇の木

~2)フェンスに

 沿って匂い嗅ぎ

~3)電柱の根元

正解は上には無く道路に飛び出した!

Koyuki_200712_c19  対向車線に

犬か猫が

いたみたいで、

吠えまくる。

 この時は、

私も予想不可能

の行動で、普段

横で付き添う

ように歩いて

いても、

いきなり対象物が見つかると飛び出して、吠えまくるのだ。

だから、よく”私の犬は他の人に吠えないし、他へ

1人で行く事もない。”と、たまにノーリードで歩く人も

いるが、私は、間違っていると思う。

ワンちゃんは、時に予想不可能な行動をする事もあるのだ。

Koyuki_200712_c20

リードを引っ張り、引き寄せると、

今度はフェンスの下を念入りに匂い嗅ぎ。

 私の予想は、木の根元を真っ先に行くと思って

たまたまカメラで道を撮影した訳だが、

まさか道路に飛び出すとは思いもしなかった。

 この様にワンちゃんの行動は、予測が付かない

ケースが多くあります。

 突然 他から放し飼いの犬が飛び出してくる

ケースだってあります。

(実際 我が家は、鎖から外れた飼い犬に、小雪が

 2回も襲われた経験を持つ。 怪我は無かったが、、)

 自分の愛犬は大丈夫と過信しないで、いろいろな

ケースを想定して、襲ってきたらきちんとした抱き方で、

ワンちゃんを抱え上げて下さい。

普段から突然の回避訓練をしておくのもいいでしょう。

Koyuki_200712_c23

木々の紅葉も終わりで、いよいよ冬の気配を

感じる秋の空であった。

« ビーグルとの遊び方 | トップページ | リードの長さの使い分け »

しつけ、訓練」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビーグルとの遊び方 | トップページ | リードの長さの使い分け »