2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« 友達の初体験 | トップページ | 愛犬との遊び方 »

2008年1月10日 (木)

ワンちゃんへの接し方

小雪が、こちらをじっと見ている。

抱きつかれても、ただ、じっとこちらを見る。

2008_01f001_2

こんな時は何かを要求している時だ。

正月に買った福袋に入っていたおやつを上げる。

2008_01f002_2

舌の形をしたとうもろこしを固めたものだが、

写真写りがおもしろい。

2008_01f003_2

噛み砕いている顔が笑える。

2008_01f005

美味しくなければ、食べなければいいのに!

全部食べてしまった。

(美味しくない訳ではなく、ただ噛み砕いている姿が

 まずいものを食べている様に見えただけかな?)

午前の散歩中、親子が近づいてきた。

子供がいきなり小雪の頭をなでようとしたので、

ママさんが犬の接し方を子供に教えてあげた。

 ”ワンちゃんをいきなり頭から触るのではなく、

グーの状態で鼻に近づけ、ワンちゃんが舐めたら、

胸を触ると喜ぶよ!

ワンちゃんが口をそむけたら、触ってはいけないよ!”

と 優しく話しかける。

”何で頭を触ったらいけないの?”と 聞いてきたので、

ママさんが子供の頭に向かって手を振りかざし

頭の上で手を止めた。

 子供も親もびっくりする。ちょっと謝りながら、

”ごめんね!驚かせて。でも、こうやって頭から

いきなり知らない人に手を上げられると、

怖いでしょ!ワンちゃんも同じなの。”

と言うと親も子供も納得して頷いていた。

”今度、ワンちゃんに会うときがあったら、

やってごらん。怖い思いはしないよ。なーんてね。

親が、”今日はいいこと聞いたね!”と 喜ばれた。

これからもこうして子供のうちから少しづつ

ワンちゃんの生態を知り、ワンちゃんに優しい人を

育てないといけないね!

別れて歩き出すと、子供が親と話しているのが聞こえた。

”あのワンちゃんかわいいね!かわいかった。

 親もそうだね!”とずっと、小雪を褒めてくれたので

”お褒めの言葉をありがとう”とお礼を言って別れた。

わんちゃんのことを、ちゃんと知って欲しい想いで

引き止めてしまった。ウーン・・・・

  • 押してくれたらいいなあ
    にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

« 友達の初体験 | トップページ | 愛犬との遊び方 »

しつけ、訓練」カテゴリの記事

コメント

そうですよね ワンコの接し方をしらないで
触れようとている人をみると こちらも
ドキッてしまいます

お母さんも 接し方を知らなかったのでしょうね


ランままさんへ

散歩していて感じることは、こちらはビ-ちゃんなので、
触りたくて寄ってきますが、手を出す人に限って、
胸を触る人はほとんどいません。

私も、ビーちゃんを飼うまでは知らなかったので
人の事をとやかくは言えないが、こんな基本的な事は、
みんな知って欲しいので、小学校でも教えてもらいたい
ものです。

初心者飼い主なんで勉強になります
そういう説明のしかた凄く判りやすいですね
私も将来使わせてもらいます


しおんパパさんへ

私も小雪を飼う前までは、ほとんど犬に対する知識が
ありませんでしたが、犬を飼い始めいろいろ勉強したので
やっと人並みの知識がつきました。

我が家は、ママさんが犬の勉強熱心なので、
ママさんのこぼれ話で、私も少しは知識が
ついてきたところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友達の初体験 | トップページ | 愛犬との遊び方 »