2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« 天気のいい日は、公園散歩 | トップページ | 全力で走る時は前足をそろえる »

2008年1月14日 (月)

ヒールの訓練

昔、訓練士からヒールとかカムとか専門用語?

(ただの英語)

で、呼んでいて何だか知識を自慢しているようで

嫌な印象を持った事がある。(私の偏見)

なので、”伏せ!待て!”あえて、こちらの方が

かわいいと思い、日本語で教えた。

しかし、犬を飼い始めてなぜ、

そのような英語の指示がいいか?実感してきた。

”ほらほら、おいで、こっちよ!”と散歩していると

いろいろな所から言葉を投げかけられる。

指示があちらこちらから投げかけられると

小雪も指示に従うべきか?迷ってしまう。

また、指示されても従わないでいい状態を続けると

今後、呼んでも来なくなるのがあたり前になるからだ。

最近は、近くに来させる時は、”ヒール”にしている。

2008_01h014

変な場所の匂い嗅ぎとかしていると、”ヒール”と呼ぶ。

2008_01h015

小雪は、呼ばれると来るが、匂い嗅ぎの時は、

鼻を地面につけながら近づいてくる。

2008_01h016

前に座ると、間違えてポジションなので、”ヒール”と

言いながら、軽く太ももを叩く。

2008_01h017

きちんとしたポジションに座ると直ぐに褒めてやる。

(訓練初めは、褒めると同時におやつを与えるのが

 効果的だと思う。)

まさか、散歩中に英語で、”カム”や”ヒール”と犬に対して

話しかける人はいないと思うので、やっぱり日本では

英語の指示がいいかもしれないと最近は思っている。

  • 押してくれたらいいなあ
    にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

« 天気のいい日は、公園散歩 | トップページ | 全力で走る時は前足をそろえる »

しつけ、訓練」カテゴリの記事

コメント

やはり訓練の方は コマンドは全て英語ですよね
日本語だと 同じ意味でも 人によってそれぞれ
言い方が違ってくるからなんでしょう
小雪ちゃんも しっかりヒールができていますよね 家の子達にも 見せてあげたい位です


ランままさんへ

小雪は、遊びたい時やおやつをもらえる時は時に
忠実になりますが、たまにおやつも遊びもしないのに
指示すると空気を読んで指示に従わない時があります。

まだ、2歳なのでこれからのんびり一緒に
生活できるように教育していきたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天気のいい日は、公園散歩 | トップページ | 全力で走る時は前足をそろえる »