2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« ラベンダーの香り | トップページ | お宝 見っけ! »

2008年6月29日 (日)

寝顔に思うこと

”こゆき” 響きがいいので、決めた!

11月のまだ小雪の季節ではなかったが、

    背中に白い模様があって、小雪となずけた。

    その小雪の育て方も判らず、四苦八苦しながら育てる。

12月 寒い季節。小雪が震えてないか?夜中何度も覗く。

1月  雪の中、一緒に雪だるまを作る。

2月  誰もいない海で、2人で海をボーッと眺める。

3月  梅園で梅の香りを嗅ぐ。

4月  桜の中、花見をしながら、久々酔った。

季節の流れと共に、小雪の存在が大きくなる。

近所の人から、小雪は癒されるとお褒めの言葉をもらう。

恥ずかしながら私も、親ばかぶりを聞いてもらう。

小雪が、大声で、吠えると近所が迷惑をしてるかと思い、

近所にも気を使う様になってきた。

その近隣の人の輪も小雪を中心にどんどん大きくなってきた

ワンちゃんが広げる人の輪がどんどん広がる。

そんな小雪を、ブログに託してみた。

小雪の決断の避妊の記事から

スタートした戸惑いのからのブログだった。

何も判らず、小雪だけを見たブログ。

何がいいのか?判らないが、

小雪に癒されている我が家に他の人も見てくれるようになった

ブログでも、小雪の存在が、どんどん大きくなってきた。

近所でも、小雪を見に、わざわざ散歩コースを変えて

我が家に来てくれるようになった

5月 泳ぐ鯉のぼりに小雪は、初めて吠えた。

    クンクンの赤ちゃんからの卒業だ。

    この子は、吠えないおとなしい子だと心配された。

    ビーグルの血筋どうり、見事に期待を裏切ったデビュー戦

6月 梅雨の季節、運動不足で室内大運動会開幕。

7月 海で2人でボーと眺め潮風と太陽の日差しを延々と浴びた

8月 朝が苦手な我が家が朝5時から散歩。

9月 台風/雷 も怯えることも無く君は強く育った。

10月 紅葉見物と共に、遠征を始めた。

11月 1歳の誕生日。君を連れて初めてのお泊り。

 ドキドキの中。

 君は平然と宿でイビキをかいて寝ていた。

 揺れるロウソクの火が涙でキラキラ光って見えたよ。

いろいろ思い悩むより愛犬との生活は楽しいもの。

いろいろどうしようか?考え、飼うのも悩むが、

飼ってみると不安どころか、生活の幅が広がった。

養われているのは、私たちのほうかもしれないね。

2008_06_28_01

これからもずっと一緒に生きていこうね。

幸せをありがとう小雪。

« ラベンダーの香り | トップページ | お宝 見っけ! »

ワンちゃん関連情報」カテゴリの記事

コメント

ママさんの小雪ちゃんへの愛情 そして
このブログへの思い 読んでいてとっても感動してしまいました。
いつも慌ただしい日々こうして 小雪ゃんとの関わりを残すのが日記ですものね

小雪ちゃんとのめぐり合い 小雪ちゃんも幸せですが その前にママさんたちが一番幸せなのかもしれませんね  

凄く共感出来ますね
飼うまでって不安ばかりが先に出ちゃい、考えれば考えるほど「ちゃんと責任持って最後の時まで面倒見れるのか?」と自問自答ばかりしてました
でも、飼い始めると何とかなるものですよね(笑
愛情いっぱい注げば、極端な言い方だけど勝手に体も心も成長してくれてます
ついでに飼い主としても成長させてくれます

私もこのブログを読み始めて、
母性が出ました。
特に小雪ちゃんの昨日の牛人形と寝ている写真は、まさに親心が出ていたように思いました。
これからも小雪ちゃんと幸せを綴って、
人々に波及してくれたらうれしいです。

はじめまして。初コメントさせていただきます。
毎日かわいい小雪ちゃんと、小雪ちゃんとすごされる暖かい日々から心の栄養をわけていただいていました^^
その感謝の意味をお伝えしたくて書き込みをしました。
私は小学生のころビーグルを飼っていて、今は単身上京して暮らしているので、ビーグルいいなあ、旅とか自然はいいなあ、、と思って毎日癒されていました。
これからも毎日拝見させていただきたいと思っています。更新大変とは思いますが、楽しみにしています^-^いつもありがとうございます。

ランままさんへ

 小雪との思い出として、書き始めたブログ
ですが、ランままさんからのコメントにも
励まされ、飽きっぽい我が家ですが、
奇跡的に今だ続いています。
 小雪が来て、私たちが一番幸せを感じている
と思っています。


しおんパパさんへ

 初めて子犬を我が家に迎える時は、ドキドキしてどうしよう!と不安ばかりが湧き上がって
きますが、いろいろ他の人の意見やブログ仲間の人たちの行動を見て、勉強するので、
当時の苦労も今は良き思い出しかありません。
 一番の変化点は、愛犬の成長を通して、自分が
成長したのかもしれません(^_^.)

スヌーピーさんへ

 小雪をわが子の様に育てているので、
親バカぶりいっぱいで、書いています。
 小雪と一緒にいると、お茶目で楽しいので
これからも、小雪ブログを続けて
いきたいと思います。


あやべさんへ

 コメントありがとうございます。
 私も昔、小雪を飼うまでは、他の人の
ビーグルブログを毎日楽しみに見ていました。
 今では、見てくれる人がいる様になるなんて
思いも寄らなかったのですが、なるべくサボらず
更新を目指したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラベンダーの香り | トップページ | お宝 見っけ! »