2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 秋の日差しの暖かさと妙義山近くの蕎麦屋さん | トップページ | 金砂郷町の常陸秋そばと紅葉 »

2008年11月15日 (土)

奥久慈県立自然公園 竜神大吊橋の紅葉

竜神峡は,奥久慈県立自然公園の中にあり、
美しい渓谷の中を流れる竜神川を堰止めた

竜神ダムの上に村おこしのために最初から

観光用の橋として、竜神大吊橋が建設されたそうです。

2008_11_15_02 2008_11_15_12

渡橋料310円で渡れるが、人気のスポットです。

2008_11_15_01小雪は、今日はこの山を登るのか?と興味深々。

2008_11_15_03 2008_11_15_04

ダムから見える紅葉も壮観です。

観光客は、みんな物産館を目指して渋滞の坂を

上がっていますが、ダムから登れる事を知っている人は

少ないので、渋滞で30分~1時間待つのであれば、

ダムから歩いて登る事をお勧めいたします。

Photo

但し、急な坂道を登るので、足腰の弱い人には

お勧めできません。

2008_11_15_05 2008_11_15_06

袋田の滝の観光とセットで、

観光の目玉となって、特産品の販売で、町に産業が

無いので、かなりの活性化に役立っていると思われる。

2008_11_15_08

橋は長さが375mあり、歩行者専用の橋としては

本州一の長さを誇ります。

2008_11_15_07

※観光の橋のためだけなので他の県は真似しないでしょう!

物産センターには,全国で生産しているのはここだけという

「凍(し)みこんにゃく」をはじめ,そば・うどん・梅ドリンクなど

ふるさと自慢の特産品がいっぱい販売されています。

2008_11_15_09

今回は、栗ソフトを食べるが、小雪が欲しがります。

橋の対岸にあるカリヨン木精の鐘」は、
竜神峡に鳴り響く鐘の音を森の精が集まって
聴く音楽会をイメージして名付けられたそうだ。

2008_11_15_11

料金をはらうと「愛の鐘」「幸福の鐘」「希望の鐘」の
三種の音色が楽しめ、記念カードが発行されるので、

休日は、毎回音楽が鳴り響いています。

(今回は、観光客が多すぎて小雪の足も踏まれそうに

なったので、橋は渡りませんでした。)

2008_11_15_10

【紅葉まつり】
日本一と評判の常陸秋そばの新そばが食べられます。

(金砂郷のそばは、現地でもいつも人でいっぱい)

休日・祭日には、郷土芸能や物産市などの催しが開催。
但し、茨城県民の日(11月13日)には大吊橋の

渡橋料金が無料になり,かなりの混雑が予想されるので、

他県の人は避けて他の日に行った方がいいと思われます。

紅葉は、本日で7分~8分くらいだと思われ、

今週が紅葉の見頃と思われます。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 旅行ブログランキング - 旅行ブログ村 日本一周 - 旅行ブログ村 栃木情報(栃木県) - 地域生活ブログ村

« 秋の日差しの暖かさと妙義山近くの蕎麦屋さん | トップページ | 金砂郷町の常陸秋そばと紅葉 »

秋の季節」カテゴリの記事

コメント

歩行者専用の吊り橋
高所恐怖症の人は ダメな感じですね
それにしても 紅葉 圧巻としか言えません

小雪ちゃん 栗ソフト おねだりしていますよ!

見事な真っ赤です。
愛、幸福、希望。。。。
幻想的でいいネーミングですね。
こうしてみると、お肉をねだる時と、
スイーツを狙う時では、
小雪ちゃんの表情が微妙に違いますね。

ランままさんへ
 竜神の橋は高所恐怖症の人には向きません。
(でも、普通の吊橋と違って、あんまり揺れないので、安心して渡れると思います)
 小雪の一番の目的は、観光地で私達が食べるもののおこぼれをもらうことです。

スヌーピーさんへ
 もみじの赤も真っ赤な赤ですよね!
 天然の赤もキレイなものです。
 よく、小雪のお肉のもらう時の表情とソフトをもらう時の表情の違いが分かりましたね!
 そうです、小雪は食べ物でもらう時の表情に違いがあるのです。
表情の違いを読み取れるようになればスヌーピーさんも立派なビーグルの飼い主になれますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の日差しの暖かさと妙義山近くの蕎麦屋さん | トップページ | 金砂郷町の常陸秋そばと紅葉 »