2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 学問の神様  天満宮 | トップページ | パナソニック HDC-HS300の蛍光灯での撮影 »

2009年1月27日 (火)

大前神社と日本一の恵比寿像

天満宮の後に、大前神社に行ってきた。

2009_01_25_203

全長20m日本一の恵比寿像に目を奪われがちだが、
日光神社同様本殿彫刻がすばらしいので、ぜひ見て欲しい
桃山末期の作。

鯉、麒麟、白象、虎、獅子、鶴、鷹 etcの造形美に感動する

2009_01_25_202

  金運招福、商売繁盛、健康長寿、災難厄除の祈願

2009_01_25_205

恵比寿様のお腹の内部にお邪魔するのは500円

2009_01_25_201

参道の左手は緑の林に囲まれており、右手は流れが
緩やかな五行川で、桜が植えられている。
ここから撮るSLの写真も愛好家からお勧め
ポイントとされている。

2009_01_25_204

駐車場に向かうと、梅の木が夕日に照らされていた。

天に昇って花が咲いており、生命の躍動感を感じる。

大前神社 由緒
 大前恵比寿神社は、福の神さまの恵比寿様と
をお祀りしている神社
 相殿には水の守護神「彌都波能賣神」を合わせて
お祀りしています。

観光バスも多く来ており、ここから100mも歩けば

リス園もある。(行ったことは無いが、、)

神社も花がいっぱい咲いているので、お参り以外にも

花の観賞で遊びに来てもいいのでは?と思いました。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 旅行ブログランキング - 旅行ブログ村 日本一周 - 旅行ブログ村 栃木情報(栃木県) - 地域生活ブログ村

« 学問の神様  天満宮 | トップページ | パナソニック HDC-HS300の蛍光灯での撮影 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

桃山時代からこうして 残っている
彫刻見事なんでしようね 
実際に見てみたいです

そして大きな恵比寿様
お腹の中に入ったら おお金もちになれるかしら・(笑) 

ランままさんへ
 格式ある神社でしたが、この場所に住んでいて
新聞ではいろいろなイベントがあるので、知って
いたのですが、はじめて行ってびっくりしました
観光バスも多く乗りつけていた理由が判りました
 みんなお金持ちにあこがれて、エビス参りを
しているみたいで、今回私達もエビスにあやかれたかな!?

この記事へのコメントは終了しました。

« 学問の神様  天満宮 | トップページ | パナソニック HDC-HS300の蛍光灯での撮影 »