2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 秋の茨城県植物園 | トップページ | 宇都宮もてぎバルーンフェスタ2009 »

2009年11月20日 (金)

関東で見れる鎌倉山の雲海からの朝日

栃木県芳賀郡茂木町にある鎌倉山は、川岸から約100メートル

離れた断崖から那珂川を見下ろす標高200mくらいの山です

2009_11_20_03

11月に入った気温の低い日に川に靄がかかり
川の近くで、両側が崖で囲まれているので、
靄が消えるまで、まるで雲海みたいに見えます。

行くまでの道は分かりにくく、朝5時40分くらいから
空が白みはじめるので、暗いうち到着して

おかなければいけません

2009_11_20_05

道が細く分かりにくいので一回は下見をしたほうがいいです
(私も事前に下見をして今回初の撮影を行いました)

http://beagle-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-4e38.html

山頂の駐車場は数台分しかなく先約でいつも埋まっています
※土日は写真愛好家の間でも人気の場所で
 三脚の立てる場所の確保が難しいと言われています。

頂上には、あずまやがあり、ゆっくりお茶が飲めます。
(みんなカメラを撮るのに必死で朝からゆっくりお茶を
 飲んでいる人は少ない・・・)

2009_11_20_01

山頂駐車場から更に奥に登ると,ツインリンクで

行われているバルーンフェスタのフライトシーンが見れます

2009_11_20_13

私は、日の出は、山から上がる駐車場側がいいと
思ったので、朝日は駐車場側で撮り、バルーンは
見渡せる場所で撮りたいので、奥の山道へ向かう。

2009_11_20_06

ここから見る雲海もさえぎるものが無く、いいと思います。

2009_11_20_07 2009_11_20_08

バルーンがのんびり風に揺られて飛んでいます。

2009_11_20_02 雲海もいいですが、

寒い日に見られるので

当然気温が低い。

この日は、頂上は0度

霜が下りており、山道は

滑りやすく、奥の雲海を

見に行かれる人は、

登山靴を履いて行った

ほうがいいでしょうね。

この後、家に帰る途中、車が動かなくなり、

レッカー車で車屋へ移動してもらった・・・・・

おかげで、今日は会社はお休みを頂き、

午後から小雪とのんびり散歩を行う事が出来ました。

2009_11_20_09

イチョウの落ち葉の中の小雪。 同じ色だ!

2009_11_20_12 2009_11_20_10

小雪も落ち葉の中の

散歩が大好きで、

鼻を落ち葉の中に入れ、

落ち葉をラッセル車のように

鼻息で吹き飛ばしながら歩いています

2009_11_20_04

今日は、晴れたいい一日だね。

2009_11_20_11

でも、ワンちゃんって何で?首を傾げて見るんでしょうね!?

このしぐさがかわいいのですが・・・・

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

« 秋の茨城県植物園 | トップページ | 宇都宮もてぎバルーンフェスタ2009 »

秋の季節」カテゴリの記事

コメント

こうして 山からの朝日
目の前で見たら 本当感激するでしょう

雲海の中のバルーンも
まるで絵を見ているようで
とってもステキです

そう こうして 首をかしげて見るワンコの仕草
私も大好きですよ
ポチッとね!

ランままさんへ
 今回早起きして行きましたが、会社に行く時に早起きはもう2度とできないかもしれまん・・・
 雲海が有名だと記事では知っていましたが、
実際はもっとすごかったです。
 小雪は、考える時や、こちらを見るときに
ちょっとだけ首を傾げますが、私はこの仕草が
好きです。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の茨城県植物園 | トップページ | 宇都宮もてぎバルーンフェスタ2009 »