2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

中禅寺湖の紅葉 つづき

中禅寺湖の紅葉がきれいな時は、
ボートハウス前の紅葉もきれいです。
Za272405_2
この場所には、毎年 来ます。
Za272386
 次に 竜頭の滝に向かいます。
この駐車場の紅葉が 毎年きれいです。

竜頭の滝の紅葉は、もう旬が終わっていました。
Za272396_2
 小雪も ”もうここは、見てもつまらない!”と
帰りたがっていました
Za272401
この時期の戦場ガ原の草紅葉です。

Za272362_2
奥に見えるのは、湯滝です。

最後に森の中の写真を撮りました。
Za272379
やっぱり、ビーグルは、森の中が一番ですね。
Za272308
帰り道、小雪は もっと遊びたいと
窓の外をじっと眺めていました・・・

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

2010年10月27日 (水)

中禅寺湖の八丁出島の紅葉 見頃

今週末は、天気が悪いとの予報だったので、
本日 日光へ紅葉見物に行きましたscissors

昨日、紅葉は、標高1000m〜1200mあたりが見頃と
調べたので、中禅寺湖のシンボルである八丁出島を見に行く

 宇都宮は、天気であったが、山の上は曇りであった。

 いろは坂も、明智平前から紅葉しており、
ドライブしていても楽しいですね。

 中禅寺スカイラインの駐車場に到着
Imgp9875
ここの駐車場は、歩かないで中禅寺湖の紅葉が見れるので
人気が高いですが、カメラマンが多かった・・・
Za272351
一番奥の駐車場に行くと、紅葉がきれいだった。
Imgp9904
今回は、運動不足解消で、山登り。
急な坂を登っていきます。
Za272357
やっとの思いで、頂上に到着。
Za272367
 八丁出島は、長さが8丁に見えたことが名の由来となり、
紅葉のパレットとしても有名です。

 紅葉の時期には、赤、緑、黄色に染まった岬が、
青い湖面に浮かび上がる姿が中禅寺湖のシンボルとなっています。

紅葉の写真の木々について
 赤色は、ナナカマド、ヤシオツツジ、トウゴクミツバツツジなど
 黄色系は、ミズナラ、ブナ、ホオノキ、リョウブなど
 緑色はウラジロモミ、コメツガ、ネズコ、ハリモミなど
こんないろいろな木々が紅葉するときれいです。
Za272337
帰りの坂もきつかったが、行く価値がある紅葉です。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

2010年10月23日 (土)

コキア

今年も、ひたち海浜公園のコキアを見に行きました( ̄ー ̄)ニヤリ
Za232274_2
真っ赤なコキアは、きれいですねnote
Imgp9822
人は 多いですが 少し待てば
いい撮影スポットでも、写真が撮れますsign03
Imgp9745
コスモスも、きれいでしたup
Imgp9723
小雪も、コスモスの香りを楽しんでいますscissors
Imgp9833
今年は、秋晴れが少ないので、
数少ない撮影タイミングに間に合いました。

帰り道、小雪は、はしゃぎ過ぎたのか?
疲れて ヘロヘロでした・・・

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

那須のコスモス

この季節、コスモスがきれいですね
Imgp9515
那須からの帰り道、コスモスを見つけました
Imgp9508
コスモスは香りがいいので、好きです
Imgp9543
 この場所は、いろんな花も植えられており
きちんと、管理されているから、いいですね。
Za182193
 那須連山も一緒に撮影できれば 良かったが、
この日は、あまり山が見えませんでした・・・

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

愛犬しつけ教室

公園へ遊びに行くと、しつけ教室が無料で開催されていました
Za172136_2
 愛犬家が、自分の犬のコントロールが出来ず、
苦労しています。
終了後、近くに行ってみました。
Za172140
相良直美先生が、講師でした。
Za172149
公園の季も少し紅葉している感じです。
Za172185_2
園内も、花が植えられており、きれいですね。

 秋は、イベントがいろんな場所で開催されており
楽しいですね。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

千本末牧場のアイスが・・・

出張帰りで、ちょっと疲れ 3日間 ブログを書かなかった・・・
先週分の記事です。

秋の千本松牧場は、人でいっぱいです。
Za172191
ここの目的は、アイスです。
Imgp9452
小雪は、ママさんが買ってアイスを買ってくるまで
じっと伏せして待っています。
Imgp9454
千本末のアイスクリームの味が変わりました。
チーズが入っている感じで、今度のアイスの方がお気に入りです
Imgp9469
ここを散歩していると、お馬さんにあえます。
Imgp9458
小雪も、ここのアイスを食べるために
千本松牧場に来ている感じです・・・・

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

2010年10月19日 (火)

朝からお散歩

 日本に帰ってくると、日本の旬を楽しみにお出かけをしています。
 Dscf0110
近くの公園も 少しずつ 秋に近づいています。
Dscf0131
秋バラも いいものです。
Imgp9662
水辺には、ハチ鳥似たスキバホウジャク(たぶん)もいました
Dscf0142
コスモスの散歩道で遊びました。
Dscf0146
小雪も 誰もいない散歩道に大喜びです。
Dscf0135
今まで、ママさんとの散歩道とは違い香りが違うので、小雪も喜んでいました。今まで お留守番だったので、いっぱい散歩しようね。

2010年10月18日 (月)

コスモス畑

日曜日は、那須に泊まってきました。
日本酒と温泉の宿で、こちらは、
次回 時間があれば 記事を書きたいと思います。

今日は、快晴で 気持ちのいい一日でした。
Imgp9609
小雪も 嬉しそうに コスモスの香りを楽しんでいます
Dscf0072
今年のコスモスが 一番きれいに感じます
Imgp9618
青空に コスモス。
いいもんですね。
Imgp9601
今年は、コスモス畑の中に 歩道が作られ
コスモスの香りに包まれながら散歩が出来ます
Imgp9615
展望台から見た 一面に咲くコスモスです
Imgp9644
チョウチョさんが、卵を産んでしました。
Imgp9651
トンボさんも 卵を産んでいました。
昆虫さん達は 来年の準備を初めていますね。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

2010年10月16日 (土)

やっと日本へ帰って来ました

本日 夜行便で、やっと日本へ帰ってきました。長かったインド出張もやっとお終わり ”ほっ”としています
Dscf9945
日本に帰って、来てしたことは・・・・・
Dscf9947
日本食を食べる事です。やっぱり、日本人は 日本食が一番です。
Dscf9948
次に、ラーメンを食べに行きました。やっぱり、日本人には、ラーメンがうまい
Dscf9954
夜は、日本酒で乾杯です。今日は、栃木の地酒 虹乃井です。さっぱりとした味で、美味しかった。
Dscf9956
ブリのカマは美味しいですね。日本に帰ってきたら、日本酒で、お魚を刺身に食べます。
Dscf9958
小雪は、いつもと変わらず、私のつまみのおこぼれを待ちながら、いつもの日常に戻りました・・・・やっぱり、日本はいいですね。今日は、小雪とのんびり一緒に寝たいと思います。明日は、小雪と久々に小旅行に行ってきます。

2010年10月10日 (日)

ショッピング見本市(グルガオン)

グルガオンで、ショッピング見本市が開催されいます。

20101009_13

どんな物があるか?中に入ってみる。

20101009_14

サリーやマットいろいろなものが売られていました。

20101009_15

置物も売られています。

20101009_16

値段は交渉しませんでしたが、当然値札はありません。

きっと日本人と判っているだけで、かなりの値段を

言ってくる事でしょうね。

2010年10月 9日 (土)

チャンディガール

 デリーから北に250kmくらいの距離に

チャンディガールがあります。

※車で、6時間くらいの距離です。

 この町は、歴史的な建造物が多く、

インド人も 住みやすい街だと言われています

20101008_08

住宅地もきれいで、きちんと整備されています。

20101008_09

住宅地では、花が多く植えられています。

20101008_02

やっぱり、お花がある町並みはきれいですね。

20101008_03

 こんな住宅に住んでいる人には、植木は植木専用、

ドライバー、家政婦といろいろな人を雇っているのです。

 ですから、庭や車はいつもきれいです。

20101008_05

 この街には、シーク教(頭にターバンを巻いている人)

の本山があります。

 一般の人も入る事が可能ですが、きちんとしたマナーが

あるので、ガイドの人に聞きながら、中を見学させて

もらいましょう。

 私のガイドの人もシーク教だったので、

入り方から拝み方など 宗教について教わりました。

ターバンは巻きませんでしたが、入り口にバンダナが

置かれていて、これを頭につけます。

(頭を隠さないといけないそうです)

靴を靴置き場において、足を洗って中に入ります。

 頭をつけて、拝み、小麦粉とバター、砂糖で練った

ものを頂きます。

祭壇を廻って、最後にお経を3分くらい聞いて、終了です。

インドには、いろいろな宗教があるもんだ。

2010年10月 6日 (水)

彼岸花

今年も彼岸花が咲きました。

川沿いにずっと咲いています。

Sn3j0010

小雪は、彼岸花には興味が無く、他の香りを求めています

Sn3j0012

小雪ちゃん。

今年も、お父さんとお母さんに捧げる花なのだから、

ゆっくり楽しんでね。

2010年10月 5日 (火)

インド門

インド門って、凱旋門みたいなものだと思っていた。

でも、実際行ってみて、大きさにびっくり!!

20101002_009

駐車場からの景色だが、下に居るのが人です。

20101002_010

近くでは、こんな感じです。

20101002_012

インド国内からも いろいろな人が来るみたいです。

20101002_11

この集団は、裸足も多かった。

20101002_12

やっぱり、異国の感じがします。

20101002_033

この日は35度くらいだったので、子供達が水遊びをしています

20101002_035

ボートもありますが、ボートは、家族は漕ぎません。

20101002_011

インド門の番人です。

20101002_034

本当は、こちらです・・・・

インド門の大きさにちょっとびっくりで、一回はどうぞ!!

インドのちょっと貧しい子供達

 本当に貧しい人は、車の窓を磨きにきたり

 ゴミを拾っている人ですが、

こちらは、あまりかわいそうで、カメラを向けられません。
20101004_01

 インドの普通の人の生活は、

バルブ前とバブル後でもあまり変わらないそうです。

お金持ちは不景気だと騒ぐが、一般庶民は普通の生活みたい。

 やっぱり、お金もありすぎると不幸かもね。

20101004_02

そういえば、昨夜 王妃様みたいな人を見ました。

アラビアのお姫さまみたいな衣装で、宝石もいっぱい。
さすがに、みんなの目を引いていた。

やっぱり、映画の世界だけではなく居るんですね。

ちなみに、このホテルは、4~5星みたいなので、

お金持ちが集まってきるホテルみたいです。

 お金の無い人達にとっては、

1泊一般サラリーマンの月給と同じくらいだそうです。


そんなホテルに泊まっている私達は、

こちらの人から見れば、凄いお金持ちとなるのです。

コタツでまったり

今 インドに居ます。自宅から、小雪の写真が送られてきますが、もう日本は、秋なんですね・・・・

P1040041

コタツに入り、顔だけ出している姿。人間そっくりです。

P1040049

ママさんが、パソコンを始めると ひざの上に来て まったりとしています。こちらは、毎日が34度くらい。日差しが強く、暑い毎日です。でも、日本に帰ってから、こたつに入りながら、お酒を飲みながら 私もまったりしたいものです・・・

2010年10月 3日 (日)

クトゥブ・ミナールとその建造物群

デリーのクトゥブ・ミナールは1993年に

世界遺産に登録されたそうです。

20101002_001

入場料は、250ルピーだったかな?

20101002_024

近くにくると、ミナレットが見れるので、すぐに判ります

20101002_025

いろいろな国から、見にくるみたいです。

20101002_08

入り口は狭まっているので、かなり人が集中します

20101002_003

ヒンドゥー教の寺院などを破壊し、その石材で作ったと言われ
ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっているので
色もちょっとおかしな感じとなっています。

※手前のワンちゃんは、すやすや寝ているだけです。

20101002_002

1200年頃
このミナレットは当初は、100mほどの高さがあったが
地震や落雷で 72.5mになったそうだ。
それでも、世界で最も高いミナレット(石の塔)です。

(直径は14.3mに対して先端は2.75mと先細り)

20101002_004
以前は先端部まで上ることができたが、

修学旅行中の少女たちが階段で将棋倒しになり、

十数名が死傷してから内部への立ち入りは禁止されたそうだ

20101002_006
石で作った造型がいいですね。

20101002_027

ここには、オウムとかリスがいます。

20101002_06

マジかに見れて、寄ってきます。

20101002_029

オウムが巣を作っています。

 100mくらいの場所に、バームクーヘンみたいな

25mの巨大な石の塊があります。

 これは、未完の状態で、完成していれば

今の塔を超える塔になっていたそうです。
石の残骸だけでは、よく判りませんが・・・・

タージ・マハル:Taj Mahal  後編

タージ・マハル:Taj Mahal は、総大理石造の墓です。

20100926_15

南門(ダルワーザー)、ムガル式四分庭園、西側のモスク、
東側の迎賓施設、高さ42mの4本の尖塔(ミナレット)から
構成されています。

20100926_12
愛妃ムムターズ・マハルの死(1630年)を悼んで、
1632年から作り始め、1983年にユネスコの
世界遺産に登録されたそうです。

20100926_10
この建造物の凄いところは、建物に28種類もの
宝石・鉱石が 埋め込まれています

20100926_06

赤い花びらは、光りを透過します。

20100926_07

でも、赤色以外は、光りを透過しません。

20100926_05

朝日や夕日を浴びると、すごくきれいに光るそうです。

(上記写真は、石の工芸店で撮影)

 ※ここはお墓なので、内部は撮影が禁じられていましたが
  観光客がいっぱいフラッシュをたいて、そのたびに
  係員が、警笛の笛を鳴らしていた。

川の対岸には、黒大理石を基調とした自身の墓廟の
建設に着手したが、財政難を知った息子によって
アーグラ城に幽閉され建設ストップされたそうだ。
(アーグラ城には、歩いていけます。)

20100927_006

現在も整地された庭園跡地があり、渡し船で
対岸にいけるそうだが、水で埋まっていた。

先々週までの大雨で、水が増水して、

一面 川となっています・・・・

水に浮いているのが、街灯だと思われます。

片道5時間。往復10時間。
現地では、約1時間の観光ですが、
一回は行く価値があると思います。
(私は、行っても 一回だけですね・・・)

20100926_000_2

途中、道路に象が居ました。

20100926_00

建築する為の石は、インド中から
1,000頭以上もの象で運ばれてきたそうです。

観光の為の象ですが、見つけて車を止めると
写真を”撮れ、撮れ!” と 言う。

写真を撮ると、チップを請求されるが、
一回あたり 50ルピーも渡せば満足の為、
写真を撮る価値はあります。
(ひどい象使いは、500ルピーとか請求されるので、
 きちんと交渉してから、写真は撮った方が
 いいかもしれません・・)

タージ・マハル:Taj Mahal 前編

インドへ来れば、一回は行きたい
アーグラにあるタージ・マハル。
首都デリーからタクシーなどで5時間ほどかかります・・・・

途中、関税を払う場所には、観光客目当ての
サル使いやコブラ使い、片足が無い人が集まってきて
写真を撮ると、お金を請求されるそうだ。

この場所の料金は高く、ドライバーから相手にするな!

と 言われていた。
コブラとか撮ると、一回500~1000ルピー請求されるそうで
車に周りに群がり、ドアを叩いたりしながら、
何とか視線を合わせてもらおうとします。

興味があればいいですが、相手にしない事が理想です。
でも、コブラは、笛を吹いたら、きちんと出てくる姿に
みんな感動していました。

見る価値はあるかもしれませんね。

(見るだけなら、お金は請求されないそうです)

 年間400万人以上の観光客が訪れるそうで、
インド人も必ず一回は行くそうです。
手前の道路が入り組んで、汚い(言葉が悪くて失礼・・)

20100926_01

人が多すぎて、私のドライバーは 人を軽くドアミラー

が当たったっが、この人の慣れているのか?

別に気にする事もなく、歩き始めた。

20100926_02
駐車場に車を置き、環境保護のため、

駐車場からゲートまでは、歩くか電動自動車を使います。
この電気自動車を使うとチップが必要です。

 でも、入場料が高いので、
一回しか行かないみたいですが・・・
(確か、観光客は750ルピーだったと思います)

20100926_17

入り口では、保安上の理由で大きな荷物や
タバコ、ジュースは預ける必要があり没収されたが、
返してもらう為には、賄賂が必要だそうです・・・・
後輩のタバコやジュースは没収されたままになる。

20100927_000

町並みから、いきなり門を抜けると タージ・マハルが見えます
これには、ちょっとびっくりです。
行くまでのギャップと建物のすばらしさのギャップが
凄いのです。

20100927_001

タージ・マハル:Taj Mahal は、総大理石造の墓です。

ムガル帝国時代に、近隣から2万人もの職人を集め、
22年の歳月をかけて建造させたとも言われているそうです。

20100926_14

お城に入るためには、靴を脱がないといけません。

20100926_11
でも、観光パックで申し込んだので、水と靴を覆う
カバーは、セットとなっていた。
(この水は、没収されません・・・)

小雪の誕生日

ちょっと前倒しで 小雪の誕生日を行ないました

P1040004

みんなで乾杯です。

P1040007

小雪も きちんとご賞味を預かっています。

P1040031

小雪の分を食べ終えても欲しがるので、更におすそ分け

P1040021

小雪の為に作られたケーキです。

P1040030

小雪は、自分のケーキだと判ると、”全部食べてもいいです!みんなには、おすそ分けしません。”と 真剣な顔で訴えています。

P1040034

食べ終えると、ママさんのお父さんの膝枕ですやすや おやすみです。いっぱい 食べたかい?小雪ちゃん。

2010年10月 2日 (土)

インドの一般生活

 インドは、デリーやムンバイとかの大都市や

アグラやジャイプールみないな観光地では、

味わえない風景が 一般の家の近くにはあります。

20100928_03

これが、一般のお店です。

ここで、生活物資を買います。

20100928_05

このあたりでは、車は買えない人ばかりなので、

人力に頼ります。

20100928_04

牛が畑を耕す原動力です。

20100928_02_2

 牛が普通に道路を歩いているので、

車は牛が通り過ぎるのを、じっと待ちます。

 インド人は、車に乗ると人が変わり、

すぐにクラクションを鳴らし、威嚇(警告)をします。

 でも、牛や他の動物に対しては穏やかで、

過ぎ去るのを じっと待っているのも面白いですね。

 都市部は、ビルが立ち並んでいますが、

ちょっと郊外に行くと面白い光景がいっぱい見れます。

インドでは、毎日が発見です。

2010年10月 1日 (金)

インドの道路

インドでは どこに行っても人が多い。

20101001_06

交差点が、赤だと 東京並みに人がいます。

20101001_07

宗教もいろいろなので、人の服もいろいろです。

20101001_04

女性は、サリー姿が多いです。

20101001_10

インドで車を走らせていると必ず故障した車が路肩で

見られ、この日は、トラックのタイヤを回収していました。

タイヤを見れば判りますが、車輪を止める部分が

破損してありません。

日本では、リコール対象ですが、こちらでは

過積載あたりまえで、急ブレーキ急ハンドル急停車と

急をつく、運転なので、インド人は、壊れるのが

あたりまえだと思っているみたいです。

20101001_05

ここは、歩道ではありません。

追い越し車線ですが、普通に歩いています。

20101001_08

ビーグルのステッカーを貼った車もいました。

こちらでは、飼い犬も多く、いろいろな犬を見かけます。

 やっぱり、愛犬家は、自分の犬のステッカーを

貼るのでしょうね。

インドのマクドナルド

 インドでの食事は、カレー(こちらでは、カレーとは

言わないそうだが・・) しかありません。

 高級なホテルに泊まると、洋食もありますが、

カレー抜きでは、食事は成立しない国です。

 でも、毎日のカレーは飽きます・・・・

 そんな時は、マクドナルドが便利です。

20101001_03

インドでは、必ず野良犬がいますが、

このマクドナルドを縄張りにしている犬達です。

必ず観光客に寄って、食事にありつけないか?

うろうろしています。

20101001_01

インド人から勧められた人気メニュー

ジャガイモをカレー粉をまぶし、油であげたバーガーとセットです

ここで、私のミスが・・・・

コーラを頼む時に、”NO、ICE”と頼まなかったので、

氷が入っていました・・・・

今回は、飲まず、バーガーとポテトだけの寂しい食事でした。

氷は水道水で作るので、日本人だとお腹を壊す人もいます。

注意した方がいいですよ。

インドの医者

インドで、体調が悪くなったらどうしますか?

街中で、悪くなってすぐ近くにありますが、

観光地へ行く時は かなりの距離を走ります。

20101001_11

道端には、必ずお店があります。

こんなお店の人は、英語を話せない事があります。

そんな時でも、身振り手振りで説明し、

ヒンディー語で、”病院” と書いておけば より安心です。

 この日、朝元気だったドライバーさんが、

AM10時くらいから急に熱を出して、ダウンしましたので

病院に行くと言ったので 一緒に行ってみると

この病院に到着・・・・・

20101001_00

これが、地方の町医者だそうです。

外観だけ見ても判りませんが、

ヒンディー語で”医者”と書いてあるそうです。

インドでは、急に熱を出す病気(ウィルス性)があり、

これからは、テング熱の季節にもなったそうです。

 観光地では、健康管理に注意しながら

楽しい観光をいたしましょう!

インドって・・・

インドは、生活感 満載の国です。

見るもの全てが、驚きとなります。

20100930_000

バスに乗り切れず、屋根に乗っていますが、中の人は

座るスペースもありません。

ちなみにこのバスは、時速80kmくらいで走ります・・・・・

20100930_10

水牛が道路を横断しています。

この大群が過ぎ去るまで、車は立ち往生です。

ちなみにこの道路は、デリーからムンバイに向かう

主要幹線道路です。

20100930_12

野良牛も多くいて、この牛は、誰からも干渉されないので

ノビノビ生活しています。

インドの交通運転は、最悪ですが、まだ牛が轢かれて

いる姿は見ていません。

(牛は、平気で道路を横断しますが、車が止まります)

20100930_13

路上販売ですが、犬のぬいぐるみも売られています。

インドでの生活で、何がNGで 何がOKなのか?

2週間くらいいますが、今だ 判りません・・・

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »