2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« 小雪の誕生日 | トップページ | タージ・マハル:Taj Mahal  後編 »

2010年10月 3日 (日)

タージ・マハル:Taj Mahal 前編

インドへ来れば、一回は行きたい
アーグラにあるタージ・マハル。
首都デリーからタクシーなどで5時間ほどかかります・・・・

途中、関税を払う場所には、観光客目当ての
サル使いやコブラ使い、片足が無い人が集まってきて
写真を撮ると、お金を請求されるそうだ。

この場所の料金は高く、ドライバーから相手にするな!

と 言われていた。
コブラとか撮ると、一回500~1000ルピー請求されるそうで
車に周りに群がり、ドアを叩いたりしながら、
何とか視線を合わせてもらおうとします。

興味があればいいですが、相手にしない事が理想です。
でも、コブラは、笛を吹いたら、きちんと出てくる姿に
みんな感動していました。

見る価値はあるかもしれませんね。

(見るだけなら、お金は請求されないそうです)

 年間400万人以上の観光客が訪れるそうで、
インド人も必ず一回は行くそうです。
手前の道路が入り組んで、汚い(言葉が悪くて失礼・・)

20100926_01

人が多すぎて、私のドライバーは 人を軽くドアミラー

が当たったっが、この人の慣れているのか?

別に気にする事もなく、歩き始めた。

20100926_02
駐車場に車を置き、環境保護のため、

駐車場からゲートまでは、歩くか電動自動車を使います。
この電気自動車を使うとチップが必要です。

 でも、入場料が高いので、
一回しか行かないみたいですが・・・
(確か、観光客は750ルピーだったと思います)

20100926_17

入り口では、保安上の理由で大きな荷物や
タバコ、ジュースは預ける必要があり没収されたが、
返してもらう為には、賄賂が必要だそうです・・・・
後輩のタバコやジュースは没収されたままになる。

20100927_000

町並みから、いきなり門を抜けると タージ・マハルが見えます
これには、ちょっとびっくりです。
行くまでのギャップと建物のすばらしさのギャップが
凄いのです。

20100927_001

タージ・マハル:Taj Mahal は、総大理石造の墓です。

ムガル帝国時代に、近隣から2万人もの職人を集め、
22年の歳月をかけて建造させたとも言われているそうです。

20100926_14

お城に入るためには、靴を脱がないといけません。

20100926_11
でも、観光パックで申し込んだので、水と靴を覆う
カバーは、セットとなっていた。
(この水は、没収されません・・・)

« 小雪の誕生日 | トップページ | タージ・マハル:Taj Mahal  後編 »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小雪の誕生日 | トップページ | タージ・マハル:Taj Mahal  後編 »