2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« 富士フイルム レンズのロードマップ | トップページ | Xシリーズの最高級機種X-T1発売!! »

2014年1月15日 (水)

ビデオ業界もカメラに迫る!

CMOS1.0型で有効約1420万画素の裏面照射型FDR-AX100が3月14日より発売するそうだ。

Fdrax100

最大24倍の全画素超解像ズームや4K静止画出力との事。

※全画素超解像ズームも凄い!!

重量は約790gと意外と軽量。

ビデオとカメラの違いを理解している人はご存じでしょうが、ビデオはきれいな1枚1枚の画を撮ることではなく、画像のつながりが大事です。

今後、家庭で1.0型のCMOSビデオが20万くらいで入手できるようになったら画期的な事です。

 1.0型CMOSって高級コンデジみたいで小さいじゃん!と思われるかもしれないが、これを家庭の普及機のハンディーカムの中に入れることは画期的な事です。

ビットレートは、AVCHDでは最大28Mbpsでしたが、XAVC Sは50Mbps。

ただし、今後XAVC S規格がどのメーカーでも使われるか?まだ不明。

初代ハンディーカムをから持っている私としては、欲しいビデオマシンですね。

※私は初代Hi8時代から、ソニーのビデオの愛好家です。

« 富士フイルム レンズのロードマップ | トップページ | Xシリーズの最高級機種X-T1発売!! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士フイルム レンズのロードマップ | トップページ | Xシリーズの最高級機種X-T1発売!! »