2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

メコン川の朝日

ベトナムに居ます
Image
川を観れる部屋に宿泊
Image_2
玉には早起きもイイもんです〜


2014年9月21日 (日)

FUJIFILM X-T1+フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8

FUJIFILM X-T1+フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OISセットを購入。

その後、フジノンレンズ XF35mmF1.4 Rを追加購入。

Dsc00019

望遠レンズを何にするか?迷っていた。

安いレンズで失敗するよりも、初めからフジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを買おうと発売を待っていた。
しかし、予想していたものより重い・・・

結局、フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを買った。
Dscf3838
描写に暖かみが感じられます。
Dscf3880
写りは満足です。
Dscf4134
安いのに、なかなかいいレンズです。
これからは、
 XF 18-55mmF2.8-4
 XF 35mmF1.4
 XF 55-200mmF3.5-4.8 
の 3本でしばらく遊びたいと思っています。

望遠カメラ

オリンパスの50倍ズームとソニー30倍ズームを買ったヽ(´▽`)/

R0010260
どちらも最近機種です!!
オリンパスはコンデジよりミラーレスみたい・・・
R0010261
望遠側にするとレンズ筒の伸び方が凄い(笑)
R0010263
横から見ると、オリンパスのカメラはカッコいい!!
続く・・

2014年9月15日 (月)

EOS 7D MarkII も発表

う〜ん、ん。

カメラが発表ラッシュです。
20140915eos7d

EOS初となるインターバルタイマーは、評価出来ますが、wifiが無いのは・・・
その他、CF/SDのダブルスロット、オールクロス65点AF、中央F8対応は高評価。
詳細スペック
撮像素子 APS-CサイズCMOSセンサー
映像エンジン DIGIC 6(デュアル)
有効画素数 2020万画素
連続撮影枚数 最高約10コマ/秒
動画記録 MP4(1920×1080ドット、60p)
液晶  3インチ(約104万ドット)
重量  約820g
ボディー  1800ドル
昔から欲しかった7Dですが、MarkIIも正常進化ですね。
70−200mm F4のレンズも使いたかったので、これを機に買っちゃうか!?

パナソニック LX100発表!

パナソニックが、LX100を発表した!!

20140915

私の持っているLX7は1/1.7インチセンサーだったが、LX100は4/3センサー!!

GX7と同じ?XGAの解像度のEVFが搭載
オリンパスの様にチルト可能なタッチパネル式の液晶モニタ採用
希望小売価格は899ドル???
(日本は明日発表か?)
LX100の詳細スペック
- ISO200-25600(拡張でISO100)
- フォーサーズセンサー 画素数17MP、有効13MP 
- 換算24-75mm F1.7-2.8
- 液晶モニタ 3インチ92.1万ドット、チルト式
- EVF 276.4万ドット、倍率1.39倍
- シャッター速度 60秒-1/16000秒
- 連写 11コマ/秒
- 動画は4K 30fps、フルHD 60p
- Wi-Fi内蔵
- 重さ393グラム
うーん、欲しい!!
値下がりしたら買おうかな!?
ふと気づいたら、私は結構パナ派かもしれない。
FZ18、TZ20、TZ40、LX7・・・・
他にも数タイプ持っていた様な・・・・
ミラーレスもGX7を持っているし、ビデオも3つくらいパナ製を持っている。
もはや パナ党と言ってもいいかもね。

2014年9月 9日 (火)

超望遠カメラ

 最近 休日は天気が悪いですね。

おかげでどこにも行けず、ネット三昧
望遠レンズを買わず、超望遠のコンパクトズームカメラを買ってしまった。
早速撮影
P8240008
電線に止まった鳩を撮影。
デジタルズーム(35mm換算 1200mm)
P8240010
デジタルズーム(35mm換算 2400mm)
凄い望遠ですね。
P9090008
お月様を撮ってみた。
画面に入りきれない・・・・・
コンデジは、映像素子の利点を利用して、
高倍率のズーム機として活用はできますよね。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »