2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

カテゴリー「旅行・地域」の記事

2015年7月11日 (土)

ベトナムで初の複合遺産:チャンアン

最近ブログの更新ができずにいました。
それは、なぜか?
現実逃避でベトナムに居ました(笑)
Photo

昨年世界複合遺産に認定されたベトナムの首都ハノイから南に約100キロ離れたニンビン省の チャンアン名勝・遺跡群に行っていました。

Photo_2
※複合遺産:文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えているもの
Photo_3
ここは周囲を山と湖に囲まれ自然遺産にも恵まれており、その風景は"陸のハロン湾"とも呼ばれていろそうです。
Photo_4
洞窟を何回も抜けながらいろいろな風景を楽しめます。
Photo_5
のんびりと船に揺られながら風景を楽しむのは癒されますね。

出張対応のお便利グッツ

旅行をしていると、最近は灯りが暗いホテルが多いですよね。

そんな時は、USB LEDライトです。
Img_201503
意外とコンパクトな製品です。
Img_2015_04
USBなので、モバイルバッテリーでも作動でき、キャンプとかにも使えます。
Img_2015_05
点灯するとかなり明るい!!
これは、かななか優れものです(笑)

2015年1月10日 (土)

東京オートサロン2015

今更ですが、新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いしますね。

さて、新年明け早々 風邪で寝込み、何もできずに正月休みが終わりました・・・
今年も運勢が悪いのかな?????
気を取り直して、週末はカメラ片手にお出かけをしたくて東京オートサロンへ向かいました(笑)
東京オートサロンはカスタムカーがいっぱいで、今年のトレンドはネットとの融合だと思いましたね。
今まで男特有の車社会は閉鎖社会で、カスタムカー(改造車)は悪。
でも今年は各ブースのショップからのface bookとかネット配信しながら車作りからネット配信をしていました。
その配信していたショップは、展示を見ていても 展示までの工程が分かるので別の意味で楽しめました!
Dsc02566
全体をスワロスキーのコーディネイトしているこのショップは派手ですね!
展示内容は昨年とほとんど同じですが、やっぱり派手な車は見ていて楽しい。
Img_3065
AIMGAIN 純VIP EXEさんのLEXUS NX200tとかも良かったかな!!
でも、自動車以外にも被写体で撮って楽しいのは!?
P1230481
目の前で観れるドリフト。
匂いと音が目の前で感じられるので迫力満点です。
※2台が白煙を上げながらバトルします。
その他、モーターショーとは違った衣装が派手な女性も撮れます(笑)
P1230630
いきなり和服のカスタマイズ(笑)
P1230603
でも、人気女性ショップブースは この会場では時間制限が無いので前の人が退かなければ前列からの写真は撮れないので、画角的には100mm以上は欲しいですね。
P1230456
最近オートサロン入場して感じているのは、女性ターゲットだけのカメラ小僧が多い。
自動車を見に来ているのか?女性だけを見に来ているのか?分かりませんね(笑)
※女性ターゲットの人は数枚撮ったら次の人に場所は早く譲りましょうね。
  派手な女性がいる展示ブースには車を見たくてもどんな車を展示しているか近くに寄る事もできませんでした・・・
でも、買いたい車を見るなら 自動車の国際展示の東京モーターショーより 実車も見れて触れカスタマイズカーが見れる東京オートサロンの方が 自動車以外にもミニライブやドリフトショーとかも見れるのでオススメだと思いますね。

2014年9月29日 (月)

メコン川の朝日

ベトナムに居ます
Image
川を観れる部屋に宿泊
Image_2
玉には早起きもイイもんです〜


2014年6月 1日 (日)

混沌のベトナム

いやー、凄い活気のある国です。

Dsc00790_640x427

男性はホンダのAir Blade

女性はホンダのLeadが大人気だそうです。

バイクの価格はどちらも約20万円くらい。

日本では買える金額でも、ベトナム賃金ではブルーカラーでも約10か月くらいの金額です。

※日本では車を買う感覚に似ており、上記2機種は高級車カテゴリーです。

Dsc00761_640x427

街中には、ベトナムチックではない場所が多くあります。

Dsc00911_640x427

ベトナムの街中散策には、夜もお勧めです。

※昼間のイメージとはかなり違った装いです。

2014年5月31日 (土)

ベトナム人女性の優しい微笑み

みなさんベトナムの女性って知っていますか?

ベトナムと言うと戦争のイメージがある人は古い知識のみです。

今は急成長の国で、国民は日本人好き。

P1230192_640x457

みんな私を見ると優しく微笑みかけてくれます。

P1230258_640x427

みんなスタイルはいいし、微笑みのいいですね。

P1230166_640x427

ベトナムの夜明けは近い感じです。

※この国の法規制は厳しく、女性と仲良くなるにはなかなか難しい国ですが、ショー会場ではニッコリ微笑みかけてくれる女性がいますのでお勧めです.

2014年5月24日 (土)

これは定番! 王宮

ラーマ1世〜5世の王様が暮らしていた王宮だそうです。

Dsc00596

王宮の敷地内にはワットプラケオがあり本尊に安置されている美しい仏像は、この寺院の最大の見どころでもあります。
※タイ語でワットは寺院、プラケオはエメラルド)、
Dsc00585
ワットプラケオは非常に重要な場所であり、神聖な建物です。
Dsc00599
タイ中から参拝しにやってきているので、タイ人の信仰の深さが判ります。
P1220810
でも、海外からの人はのんきで、陽気です(笑)
Dsc00577
ここでは衛兵の交代式とか見れば、本物の銃を間近に見れます。
400バーツとちょっと入場料は高めですが、お勧めです。
この周囲は、土日にはフリーマーケットみたいで賑やかです。
時間があれば、王宮の廻りを歩くものいいでしょうね。

水上マーケットへ

少ない日程で効率的に観光ツワーを行う人への中級コースです。

BTSでナショナルスタジアム駅まで行くと渋滞エリアから外れます。
Dsc00426

駅を降りるとトゥクトゥクが沢山います。

Dsc00463_2
大体水上バス乗り場まで20分くらいで、初めは200バーツを要求されます。
こんな時は、ガイド付きのトゥクトゥクを探します。
水上バスお抱えのトゥクトゥクなら80B前後で行ってくれます。
ボート乗り場でも初めは2人で3000バーツくらいで言われますが、渋っていると2人で2000バーツになります。
Dsc00539
ボートツアーは、だいたいAM10時くらいからスタートで自分で選べます。
※最低コースでも1時間以上かかります。
水上マーケットに行く前に、ボートでも買い物を楽しみます。
P1220688
ボートの上からパンを放り込むと魚が寄ってきます。
P1220619
この魚が多く、パンは1つ10バーツで結構楽しめます。
タリンチャン水上市場
Dsc00526
ローカルの水上市場で、土・日のみ開催されています。
P1220696
川沿いに店が並び陸側から買ったり、陸の店舗の市場です。
※ずっと船に乗っていると気持ち悪くなる人にはお勧めです。
※ダムヌンサドワック水上市場は船に乗ったまま船の売り子や岸にある店から食べ物から土産物を買うような市場です。
P1220703
ここで、食事を楽しみます。
P1220706
マンゴーとかも、バナナみたいに剥いて食べれるのでいいですよ!
お店や食事場所も拡張中で、ここも もうすぐ観光地化されるのでしょうね。
のんびり船で運河沿いの生活するタイ人の生活をみながら、食事って楽しいですよね。

Wat Arun:ワット・アルン (暁の寺)

チャオプラヤー川のほとりに立つ巨大な仏塔。

Dsc00486
ここには、船で行きましょう!
Dsc00492
そうすると、こんな写真が撮れます!
P1220756
この寺院では、かなり急勾配の階段を上がりましょう。
陶器の破片に覆われた中央の特大仏塔を囲むように、高さが違う4つの塔がそびえ立つ姿が上からだとよく判るからです。
P1220744
アユタヤ朝時代に建てられた寺院で
タイの神社の特徴ですが、神殿や仏塔とかみんなで支え合っています(笑)
P1220750
高さ75mの大仏塔の帰り道は急階段で下を見ながら降りるのでかなり怖いので、みんなへっぴり腰です。
P1220745
でも、こんな姿の女性でも登れたので、大丈夫です。
ちょっとしたアトラクションみたいで楽しい寺院ですね。

2013年12月 5日 (木)

クアラルンプールのイルミネーション

旅先では昼間の観光も重要ですが、夜も楽しい場所がいいですよね。

P1020221_r_2

パビリオン前の噴水です。

P1020225_r

ここの噴水は7色に変わります。

P1020228_r

エントランスを入るとイルミネーションのアーチがあります。

P1020230_r

イルミネーションがきれいな場所はいいですね。

より以前の記事一覧