2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

カテゴリー「しつけ、訓練」の記事

2014年11月 8日 (土)

ワンちゃんの年齢は、人間の4倍。もう老眼??

ワンちゃんの年齢は、人間で例えると4倍のスピードだそうです。

そのため、老化も早い。
Img_0323
もう老眼????と思っていても、見た目以上に年を取っていました。

この薬では、進行を遅らせる事しかできませんが、
少しでも長く見えていて欲しいものです。

ここで、ちょっと普段の訓練をしていた事が役にたちました。

毎日訓練をしている関係で、”お薬!” と 言うと、
股の間に後ろ向きに座ってくれます。

やっぱり、普段の訓練は大切な事ですね。

2014年10月19日 (日)

秋の日差し

ワンちゃんは、防犯に役立ちます。

Dsc00620
大体 そよ風が入ってきて、日差しのいい場所に陣取ります。
Dsc00623
こんな状態でも、警護?をしているみたいです(笑)
データーによると、泥棒は秋が一番多い。
※日差しが短くなっているし、窓を開けているからだそうです。
こんな時は、愛犬にガードしてもらうのが一番ですよね!
(いきなり大声で叫ぶので、びっくりする事もありますが、警護だと思えばいいかな!?)

2011年3月30日 (水)

愛犬を叱るとき

 今日も暖かく 暖房を使う人が少ない予想だったので
計画停電が 1日 無くて良かった!!
 こんな暖かい日は、お散歩も楽しい。
 Z3303673
最近 運動不足の小雪ちゃん。
ちょっとダイエットの為の運動を!
Z3303676
これくらいの木なら倒せます。
”てりゃ〜っ!!”と気合い一発。

当然、木は倒れません・・・
何を考えているのか?
Z3303689
”私は、お嬢さんなの。
 フードより重い物は持った事が無いわ!”と
ちょっと おすましポーズです。
※バックには、トサミズキやクリスマスローズが
 咲いていました。

 気まぐれなお嬢は、今日は、ママさんから
こっぴどく怒られて、ちょっとの間しょげました・・・

 落ちていた唐揚げを食べようとして、
ママさんから、こっぴどく叱られたからです。

 当然、スパルタ教育の我が家では、
落ちている物を食べる事を許しません。

 口に入った唐揚げをすぐに口に手を突っ込み
からあげを取り出し、その場ですぐに叱ります。

 口に手を入れて叱られると、反抗して唸りますが、
その時は、体を両手で地面に押さえつけて下さい。
(やり方が判らない人は、まねをしないでください)

 叱られた後 ママさんを避けていましたが
帰る事には、いつもの仲良しに戻りました。

 愛情を持って叱ると、愛犬もきちんと悪い事を
した事を判っているので 飼い主を怖がったり、
避けたりしません。

ポイント
叱る時はメリハリをつけて、
1回だけその場で、すぐに叱って下さい。

ちょっとでも、遅れて叱ったら、
それはいじめに代わります。

叱るタイミングは難しいですが、愛犬を
ずっと見ていると、その内 判ると思います。

2011年2月 5日 (土)

犬の気持ち・・・

 我が家は犬の勉強をしているつもりでした。

 いろいろ犬の本を見つけては買って、
犬の習性から病気まで調べていました。

 犬を飼い始める間には、成犬が見れる場所へ出向き
大きくなった成犬の大きさと性格を考えた末に
昔から好きだったビーグルを選びました。

 犬を飼い始める前から、愛犬の為の部屋を
設計し、まだ愛犬も決まっていないのに建てました。

 小雪が我が家に来て、小さな時は、
冬で寒くて寂しいと思って、玄関にサークルを置きました。
Dscf0943
 パパさんは、愛犬を部屋の中で飼うのは反対して
いたので、将来の為に小雪の部屋を作ったのです。
Dscf1038
 ママさんは、将来多頭買いをする予定でしたので、
部屋の中にバリケンが3つ並べて入る設計をしました。
Dscf1068
 小雪だけの時は、コンクリートでは、
足が冷たいと思って、余っていたベットを入れました。
Dsc00299
 小雪の部屋も だんだん豪華になって行きます
Dscf6899
 そして、私が出張でいない時に、
ママさんは部屋に小雪を入れて、それ以来
小雪は部屋の中でくつろぐようになってきました。
Imgp9936
 そして、いつの間にかベットにも入り込み様に
なってきました・・

 かわいいかわいいで、ずっと育てて来て、
小雪は、我が家が快適だと小雪の気持ちも気づかず、
私たちにも慢心があったのでしょう。
Dsc_0561_2
 いつもの様に、写真撮影をして、
写真終了後、”おいで!”と言うと
何と この高さから飛び降りたのです・・・
その時は、何でも無かったので、ほっとしていました。

 そして、それから2週間後の昨夜の夜から、
小雪の動きがちょっとおかしくなってきました。

 15cmくらいの段差も乗り越えられず、
ずっと段差の上で待って 悲しそうな顔をしていたのです。

 子供の時、部屋に入れていなかった時は、
小雪は散歩から帰って来ても、部屋まで段差も
ほとんど無い生活でした。

 それが、部屋に上がる様になってきて、
部屋の中が段差だらけのアスレチック場に
なっていた家の中で ずっと生活をしていたのです。
Dsc00303
段差、段差、段差。

 ワンちゃんは、坂を全力を走るには体の負担が
ないとの事ですが、下りの段差を越える時には
かなり負担が体に蓄積されるそうです。

 当然 犬種や個体差があり、どの犬が弱いとか
同じ犬種でも、丈夫な犬もいれば、弱い犬もいるので、
はっきりとした事は言えないとの事だそうです。
Dsc00302
 愛犬の気持ちになって、どの生活シーンが我が子の
体の負担になっているか?きちんと愛犬の行動を把握を
していおかないと取り返しのつかない事がおきるかも
しれないとの事でした。

 小雪が昨夜から辛そうな顔をしていたので、
今日は 診察に行ってきました。

 ちょっとおかしいと思ったら、医者も経過観察を
しておかないと病状を把握出来ないので、
早め早めの診察が大切だそうです。

 レントゲンでは骨には影響がないとの事で
”ほっ!”としましたが、体を押すと震えるので、
この症状は、体のどこかの筋を痛めているのでしょう
との事でした。

 原因は 高い所から飛び降りた事も考えられるし、
毎日の生活から積み重なってなったのかも
しれないと言われました。
Dsc_0787
 今日は消炎鎮痛剤と胃薬をもらって、少し安静です。
 (9000円の出費です)

 毎日の生活の積み重ねで、体に負担がかかる
生活をさせていたのに気づかなかったのは反省です。

 ”悪かったね、小雪ちゃん”

 小雪が病院から帰って、
早速、家の配置と小雪の部屋の見直しをしました。

 話がちょっと大きくなって、
家のリフォームもちょっと思案中です。

 小雪にはずっと長生きして欲しいですからね。

追記
 愛犬に対し悪かった痛かったかい!と
いつまでも哀れみの目で見続ける事は、
間違った飼い主の行動だそうだ。

 哀れみの目で悲しそうに見ていると
愛犬は、”ぼく何か 悪い事したの?”と
疑心案儀になって、混乱するそうです。

 飼い主の悪い行動は、早めに見直し
愛犬に対しては、いつもの行動を!との事です。

2011年1月30日 (日)

芸の道は厳しい・・・

 どんな環境でも、小雪がママさんの指示に
従ってくれるか?良く試します。

 今日は、散歩中に小雪の芸のお稽古です。
Z1303183
 あんよはいいかい?ここまでおいで!
Z1303189
この質問に判る人?
ハイ!小雪ちゃん。
Z1303190
”食いしん坊の人”
”・・・・・” 本当かな!?
Z1303192
”バーン”と撃たれた・・
でも、最近は、首が少し上がっています
もっと、きちんと死人の様に伏せが出来なければ。
Z1303194
”ハイ! 小雪 次は ターンね!”
大きく回ってね。
Z1303195
クルクルと、2回転。
Z1303197
”ハイ、次は、ジャンプです。”
ママさんが手向きで、足が上がりません・・・
Z1303198
”ハイ、私の所へ来て!”
Z1303199
”ハイ、良く出来ました!”

 今年は 他にも芸を教えようと思っていますが、
どんな芸がいいかな!?

※芸の道は、終わりがないかならね。
Z1303170
”そんなの知らない!”って顔でそっぽを向かれました。

 小雪は、芸ではなく、楽しいお遊びとして
覚えているので、いつも気軽に芸をしてくれています。

2010年10月23日 (土)

愛犬しつけ教室

公園へ遊びに行くと、しつけ教室が無料で開催されていました
Za172136_2
 愛犬家が、自分の犬のコントロールが出来ず、
苦労しています。
終了後、近くに行ってみました。
Za172140
相良直美先生が、講師でした。
Za172149
公園の季も少し紅葉している感じです。
Za172185_2
園内も、花が植えられており、きれいですね。

 秋は、イベントがいろんな場所で開催されており
楽しいですね。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

2010年7月19日 (月)

冷めたコーヒー

ワンちゃんを飼い始めた人から、聞かれた事がある。
”ワンちゃんと、どんな時 遊べばいいのですか?”と。

ママさんは、小雪を飼い始めの時の事を思い出したそうだ。

”掃除/洗濯中はゲージに入れて、用事が終わったら、
 ワンちゃんとちょっとだけ遊んであげましょうね!”
と、ちょっとした助言をしてあげる。

 以前は、同じように 遊びのタイミングも分からず、
愛犬と不満な毎日を過ごしていた時の事を
懐かしく思い出す。

 今では、掃除洗濯を終え、やっとコーヒーでも!と
作った直後から、背伸びしながらやってくる愛犬。

じっと、こちらを見ながら、遊んでくれるのを
待っています。

 確かに吠える事も無く、掃除/洗濯も邪魔する事無く
終わったら、遊びに誘ういい子に育った。

でも、折角 ゆっくりコーヒーでも!と 
注いだコーヒーを飲む事無く、散歩に出かける毎日・・・・

散歩中、ヤマユリが咲いていました( ̄▽ ̄)
Yamayuri
今日は暑かったので、ヤマユリも開花したみたいですね。
Yamayuri2
ユリの女王と言われるだけあって、華やかな花ですね!

家に帰ると 今日も冷えたコーヒーが待っていました(´Д⊂グスン

2010年1月 8日 (金)

リードを拾ってくれるしつけ

今日は、天気も良かったですが、寒かった!

その寒い中の散歩中の出来事です。

2009_01_08_072009_01_08_01

芝生まで散歩すると、必ずローリングをします。

”ヒャー 気持ちい~いっ!!”とご満悦のお顔です。

そうすると、リードが絡まって、手を離す事があります。

2009_01_08_03 2009_01_08_02

そんな時は、"リードを取って!”と教えておくと、

リードを咥えて持ってきてくれます。

2009_01_08_04

でも、近くまで持ってきてくれても、リードが私の手元まで

咥えて取り易い位置まで持ってこないと受け取りません。

2009_01_08_06

再度、"リード”と指示をすると、持って来たのに何で!と不満顔

2009_01_08_05

じっと見ていると、リードを取って、早くおやつを下さい!と

手渡してきたので、この愛嬌のある姿に負けて、

いっぱいおやつをあげました。

今年も少しずつ 芸をバージョンUPさせる予定です。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ  にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

2010年1月 7日 (木)

愛犬の写真撮影風景

ワンちゃんを撮影するのが、難しいと思われている人は

結構いらっしゃいます。

今回は、我が家のいつもの撮影風景をUPします。

2009_01_07_09 2009_01_07_08

散歩中、四季が分かるものや風景を眺めながら散歩します

その中で、良さそうな物があったら、足を止めます。

2009_01_07_02 2009_01_07_03

今回は、大きな岩の上

この場で、小雪に、ここへ登って!と指示すると、

小雪は、考えながら岩を登っていきます。

2009_01_07_04 2009_01_07_05

立ったままだと不安定なので座らせます。

そして、バックの景色と構図を決めます。

2009_01_07_07

最後にこちらへ向かせポーズ!

ここまで、だいたい30秒くらいです。

小雪は、最近 何故か?私達の言っている事が

少し分かるみたいで、言う事を聞いてくれます。

(褒美のおやつが欲しいだけだとも思っていますが・・・)

おかげで、一緒に散歩して、いい場所があったら、

すぐにポーズを決めてくれます。

やっぱり、"待て!” ”お座り!” ”たって” ”伏せ!”

とかの基本指示に従ってくれるとありがたいですね。

我が家は、小雪が小さな時からいい訓練士さんに

巡り合ったので、良かったと思います。

犬の訓練???と疑問をもたれる人も多くいますが、

 ”今、少しだけ訓練して、一生快適に過ごすか?

 ずっと、吠える、引っ張られる!愛犬と過ごすのを

 どちらを選びますか?”と言われ、我が家は、”訓練”を

 選んだおかげで、愛犬と快適に生活しています。

訓練は、愛犬の訓練ではなく、飼い主の訓練がメインです。

ほとんどの愛犬は、指示に従っているので、

飼い主がその信号を読み取るか?です。

 みなさんも、愛犬の信号を読み取って、

 快適な愛犬との生活を送って下さい。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ  にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

2009年12月 6日 (日)

小雪の災難

今日は天気もよく、訓練士さんの家へ遊びに行き

そこで、小雪の災難がありました。

2009_12_06_05 2009_12_06_06

この写真、噛まれる前と噛まれた後の写真・・・・

2009_12_06_07

噛まれた後は、ちょっと顔をしかめています。

(家に帰って、写真を見て その顔を違いが判りました)

2009_12_06_08 2009_12_06_09

横では、ダイちゃんがママさんとじゃれて 

かわいいしぐさをしており、みんなに”かわいい!”と絶賛

2009_12_06_12みんな知っているワンちゃん

ばかりなので、安心して

おやつをあげていたところ

他のワンちゃんにおやつを

あげようとしたら、

小雪が、”私の!”と 吠えました。

吠えられたワンちゃんが、”何を!”と小雪に噛み付きました

 ちょっと安心して、”このワンちゃんならいい。”と 心を許して

油断していたので、噛まれるとは思っていませんでした。

 ドックランでのおやつは禁止のところが多く、

我が家も他の場所では注意していました。

 いつもの場所で 知っているワンちゃんと思って

ちょっと油断していました。

2009_12_06_03 また、相手の犬が吠えて

噛み付くタイミングも

今回はじめて体験したので、

今後、同じ様なケースでは、

小雪を噛ませる事は

させないでしょう。

油断は大敵。安心が慢心へ

今回、大きな傷ではなく、

多少痛い目にはあいましたが、我が家も小雪も勉強したので、

以後注意します。

 家に帰っても、小雪はちょっと痛がり、ずっと寝ていました。

耳を振る事ができないので、顔を斜めしたままです。

2009_12_06_04 やっぱり、化膿が恐いので、

行きつけの病院へ連絡し

ましたが、こんな時に限って

連絡がつきません・・・・・

以前 教えてもらっていた

別の病院に行き、抗生剤を注射してもらったので、

血も止まり、お薬ももらってきたので、これで安心して

寝かせられる事が出来ます。

2009_12_06_10

2009_12_06_11

夜は、ごんちゃんパパより頂いたパイナップルを

小雪は満足に食べていたので、ちょっと安心いたしました。

今日は、ゆっくりお休みなさい。

 明日天気だったら、今日の嫌な事を忘れる様、

いっぱい美味しいものを食べようね!

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

より以前の記事一覧